横浜高島屋のフーディーズポート2は手土産スイーツ充実・限定スイーツ現地レポ!

横浜高島屋のフーディーズポート2は手土産スイーツ充実・限定スイーツ現地レポ!

横浜高島屋(横浜駅)の食料品売場「フーディーズポート2」は、2020年12月11日(金)のオープンに先駆けてプレオープンを開始。

事前情報ではわからなかった新売場の雰囲気や魅力的なスイーツの数々をチェックして来たのでご紹介です。

横浜初登場や日本初登場のブランドが多く集まる売場には手土産だけでなく、テイクアウトスイーツもたくさん揃っていました。

横浜高島屋 食料品売場リニューアルについて

横浜高島屋は、ジョイナスからの増床を受けて2021年春に向けて順次拡大オープンを実施。今回はその第三弾として地下1階の食料品売場が2020年12月11日(金)に「フーディーズポート2」としてリニューアルオープンします。

横浜高島屋 食料品売場リニューアル

第三弾のリニューアルではスイーツブランドが集結するスウィーツマーケットをはじめ、和洋酒売場、百貨店ならではコンビニ「ハマプラ」、専門店が集まる「グローサリー」が新たに誕生。

横浜高島屋 食料品売場リニューアル

ハマプラは百貨店としては珍しく平日は朝8時から営業しており、近隣で働くオフィスワーカーの方もコンビニ感覚で利用しやすい店舗を目指します。

ハマプラ

店内ではベーカリー「パンドットコム」の工場直送パンや和洋中のお弁当やお惣菜、ホットスナックなどを販売。

ハマプラ

ハマプラ ホットスナック

店内奥ではセルフサービスで4ロースターによるオリジナルブレンドのホットコーヒーを取り揃えるなど、コンビニのようなカジュアルな利便性と横浜高島屋ならではのラインナップを楽しめます。

また和洋酒売場も約2倍の規模に拡大。

和洋酒売場

約100蔵・約600種を取り揃える圧倒的スケールに加えて、料理とお酒を楽しめるフードペアリングバー「BAY-ya」も展開します。

和洋酒売場「BAY-ya」

そして、今回現地を訪れて個人的に最も驚いた売場がスイーツブランドが大集結する「スウィーツマーケット」です。

充実のスイーツブランド

リニューアル前はジョイナスとして展開していたエリアが「スウィーツマーケット」として一新して横浜高島屋の売場に生まれ変わりました。

スイーツマーケット

見ているだけ・歩いているだけでもワクワクしてくる食のエンターテイメント空間。日本初や横浜初のブランドが多く集まる売場のため、手土産を買いたい人はぜひ訪れたいスポットです。

スイーツマーケット

スイーツマーケット

京都の「京菓子處 鼓月」がプロデュースする洋菓子ブランド「キニール」は代表菓子・ラングドシャ「ルフル」をイメージしたワッフル×生クリームの「ルフル・ア・ラ・クレーム(410円税込)」を展開。見た目も可愛く横浜高島屋限定の生菓子です。

キニール

さらにバターバトラーのバタースイーツブランド「ザ・マスター」は日本初のブランドで、国産バターを贅沢に使用したバタークリームとラムレーズンをサンドしたスイーツ「ラムレーズンバターサンド(3個1,620円税込)」などが並びます。

バターバトラー

チーズ好きならチーズスイーツ専門店「横濱チーズ香る洋菓子店」のポ・ド・フロマージュ(648円税込)も注目したいテイクアウトスイーツです。パルメザンチーズを乗せて焼き上げたパイ生地と下に隠れたクリームチーズを合わせて楽しめます。

ポ・ド・フロマージュ

また、プレオープンの段階で注目が集まっていたのがアートキャンディショップ「パパブブレ」が手掛ける「フルーーツ!」のコットンティーです。

フルーーツ! コットンキャンディー

ドリンクの種類と上に乗っているコットンキャンディ(わたあめ)のフレーバーを選んだあと、目の前で作り上げます。

キャンディ専門店が作る、わたあめの美味しさに驚き、選んだフレーバーの絶妙な甘さを見た目と共に楽しめました。ドリンクに溶かして2段階で味わえるスイーツドリンクです。

■ フルーーツ!店舗詳細・購入レポ
価格やメニュー・高島屋限定商品などもっと詳しく↓

クッキーの泉屋が手掛けるショートブレッド専門店「ショブレ」も日本初登場。1927年の泉屋誕生から使用しているオリジナルレシピをもとに現代風にアレンジしたスイーツ“ショブレスティック”などを販売します。

ショブレ

さらにスイーツマーケットに隣接するかたちでコーヒーや紅茶の専門店が集まる「グローサリー」も新設されました。

グローサリー

ここには神奈川県の百貨店初出店の「TWG Tea」や横浜創業のキーコーヒーが手掛ける新ブランド「コーヒービーンズ クレ ド ヨコハマ」、百貨店初出店の米ぬか専門店「0.6 ライスブランオイル」が出店。

コーヒービーンズ クレ ド ヨコハマ

コーヒービーンズ クレ ド ヨコハマでは横浜限定や横浜高島屋限定のコーヒー豆を取り揃え、テイクアウトではハンドドリップコーヒーも味わうことができます。

コーヒービーンズ クレ ド ヨコハマ ハンドドリップ

横浜高島屋限定・横浜限定の詳細情報たっぷりとまとめました。

タイミングが良い時にしか味わえない店舗限定・“週間焙煎コーヒー”は特に要チェックです!

米ぬか専門店「0.6 ライスブランオイル」は創業117年の老舗米卸「神明グループ」が手掛けるショップで米ぬかを使用したボディケア商品や、飲める米ぬかのスムージーも販売。

米糠スムージー

スムージーはテイクアウトすることができ、レジ横には米糠を使用したベーグルやマフィンなども取り揃えます。

米糠ベーグル

現地に足を運んでみるとイメージしていた以上に売場が広く、見応えのある時間を過ごせました。

手土産にぴったりなブランドはもちろん、テイクアウトして自宅で楽しめるスイーツも充実しているのでおうち時間が増えてきた方にもおすすめの新スポットです。

スウィーツマーケット店舗一覧
キャラマー(CARAMER)
ザ・マスター バイ バターバトラー(THE MASTER by Butter Butler)
フルーーツ!(FRuuuTs!)
パイ314(PIE314)
ショブレ(Shobre)
横濱チーズ香る洋菓子店
バターズ(Butters)
京都洋菓子工房キニール(KINEEL)
横浜キャラメルラボ
ビー!フルーツパーラー(Be!FRUITS PARLOR)
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
チーズガーデン(CHEESE GARDEN)
プレスバターサンド(PRESS BUTTER SAND)
菓匠三全
鎌倉ニュージャーマン
フランセ
ジェラテリア パンチェーラ

<グローサリー>
TWG Tea ※神奈川県百貨店初出店
コーヒービーンズ クレ ド ヨコハマ ※キーコーヒー新業態
0.6 ライスブランオイル ※百貨店初出店

横浜高島屋「フーディーズポート」 概要

■ グランドオープン日
2020年12月11日(金)

■ 所在地
横浜市西区南幸1丁目6番31号 地下1階(施設概要

■ 営業時間
フーディーズポート1(本館エリア)10:00〜20:00
フーディーズポート2(地下街エリア)10:00〜21:00 ※ハマプラは平日8:00〜21:00、土日祝10:00〜21:00

横浜高島屋 おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜高島屋のフーディーズポート2は手土産スイーツ充実・限定スイーツ現地レポ!