アソビル 横浜 施設全体、徹底レポ!飲食店フロアマップやうんこミュージアム

アソビル 横浜 施設全体、徹底レポ!飲食店フロアマップやうんこミュージアム

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」にて、2019年3月15日(金)のオープンに先駆け、施設内のお披露目が行われたので各フロアをチェックしてきました。

オープン当日、また今後横浜に遊びに行く際に立ち寄りたいと計画していた方はぜひ事前情報としてご参考ください。

飲食店情報はもちろん、ハンドメイド体験フロア「モノトリー」やVRや展示イベント、脱出ゲームなどを展開する「エールボックス」、地下の「バーラウンジ」まで、施設全体の構成も合わせてご紹介です。

アソビル 施設全体について

横浜駅のみなみ東口通路から直通のエンターテイメント施設「アソビル」。横浜駅中央郵便局別館をリノベーションするかたちで誕生し、東口の駅前広場からも徒歩1分ほどの場所に位置。

アソビル

1フロアは600坪で地下1階から地上4階、屋上まで異なるテーマのフロアを展開します。

屋上:マルチスポーツコート
フットサル・バスケットなどができるフロア

4階:プチュウ! ※5月オープン
知性と感性を育むキッズパーク

3階:モノトリー
ハンドメイド体験フロア

2階:エールボックス
VR体験や脱出ゲーム、展示イベントフロア

1階:横浜東口ポストストリート
飲食店が集まるグルメフロア

地下1階:ピッチクラブ
アートと最新テクノロジーが融合するアミューズメントバーラウンジ

1階「横浜東口ポストストリート」

アソビルの入り口が1階にあたり、人気飲食店が約18店舗集結しているフロアです。みなみ東口通路の入り口から1階フロアを抜けると東口の市街地、「万里橋」まで抜けることも確認できました。

アソビル

飲食店には、「崎陽軒シウマイBAR(バル)」や「野毛焼きそばセンターまるき 横浜店」、「肉寿司の牛右衛門」、初出店のチーズバーガー専門店「ダイゴミ バーガー」など約18の飲食店が1階に集結。

飲食店フロア 横浜駅東口ポストストリート

飲食店フロア 横浜駅東口ポストストリート

これだけの飲食店が1フロアに集まっているため、フードコートのように食べると予想しておりましたが、実際は各店舗にテーブル席やカウンター席を完備。

野毛焼きそばセンターまるき 横浜店

壱六家

ダイゴミバーガー

ちなみにアソビル内の「崎陽軒 シウマイBAR(バル)」でも、横浜中華街店をオープンした際に新商品として登場した「焼焼売」を食べることも可。

シウマイBAR

あの独特な焼き方を見られるのは横浜中華街店のみですが、出来たての「焼焼売」を食べられるのはアソビルと横浜中華街のお店だけなので要チェックです!

■ 「焼焼売」参考レポ

全体的にどこのお店もオープンな状態で誰でも気軽に入りやすいような印象がありました。1階のグルメフロア全体構成を示したフロアマップも撮影してきたのでご参考ください。

飲食店フロア 横浜駅東口ポストストリート フロアマップ

出店飲食店:崎陽軒 横浜駅東口シウマイBRA店、Spinx、もうやんカレー横浜、ラーメン壱六家、煮干蕎麦、韓兵衛 横浜東口店,野毛焼きそばセンターまるき 横浜店、PIGO、立食い鮨 鈴な凛、肉寿司の牛右衛門、海鮮とせんべろ 呑りすけ、DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店、ゆうや 裏横、ダイゴミバーガー、Laneige、wacca from Hokkaido

なお、個人的にもかなり楽しみにしている「もうやんカレー」、「PIGO」、丿貫(へちかん)の新店舗「煮干蕎麦」の3店舗については4月オープン予定とのことなのでご注意ください。

2階「エールボックス」

VR体験や脱出ゲーム、そして事前情報で皆さんが大注目した「うんこミュージアム」などを1フロア内でエリアを区切って展開します。

エールボックス

注目の「うんこミュージアム」については想像以上にミュージアム内はうんこ!うんこ!うんこ!

うんこミュージアム

世界初のうんこに特化したミュージアムは、「うんこ広場」や「ウンタラクティブエリア」、「ウンスタジェニックエリア」、「ウンテリジェンスエリア」のエリアに分かれて、様々なうんこを展開。

うんこミュージアム

ただ見るだけでなく、触って、叫んで、戯れて、撮影も楽しめる新感覚の体験型施設となっています。

もっと詳しく「うんこ」を知りたい方は以下記事よりご覧ください↓

また、同フロアでは他にも期間限定で「ハートの女王からの脱出」や「ESCAPE from The NINE ROOMS」の脱出ゲーム、キングコング西野氏の絵本『えんとつ町のプペル』の世界を360度VRで体験できるコンテンツも展開します。

えんとつ町のプペルVR

3階「モノトリー」

陶芸・アクセサリー・革小物・キャンドル作りなど計20ジャンル200種類以上の「ものづくりワークショップ」が予定されている国内最大級のハンドメイド体験フロアを展開。

モノトリー

定番のものづくりや最先端技術を使ったワークショップが毎日開催されるアトリエやイベントスペース、セレクトショップが1フロアに集結します。

モノトリー

12のアトリエとDIYツールを販売するショップ、各アーティストの個展スペースの展開はもちろん、レーザーカッターや3Dプリンタ、転写プリンタ、UVプリンタなどデジタルファブリケーションも備えています。

屋上「マルチスポーツコート」

アソビルの屋上にはフットサル・バスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるマルチスポーツコートを用意。

マルチスポーツコート

コートのレンタル利用はもちろん、元プロ選手が教えるスポーツ教室プログラムなども体験できます。

・フットサルコート(人工芝):横24m×縦16m×高さ7m

・バスケットコート(グリッドコート):横20m×縦16m×高さ7m

・かけっこエリア(人工芝):横5m×縦50m(4レーン)

地下1階「バーラウンジ」

アートとテクノロジーを融合させ、飲んだあとの「2軒目として、おしゃれに利用できる場所」、「遊びと体験をRe:designする」をコンセプトに店舗を展開。

バーラウンジ

バーラウンジ

フードとドリンクはもちろん、デザイン性溢れる内観装飾やアミューズメントコンテンツなど徹底的にこだわり、ラウンジ・個室のすべてに大壁画。国内随一の規模とクオリティの高いアート空間が広がります。

バーラウンジ

バーラウンジ

バーラウンジ

バーラウンジ

また、スタンダードな遊びにもこだわり、女性の方でも気軽に楽しめるようデザイン性にもこだわります。中でもプロジェクションマッピングと赤外線センサーの最新技術を組み合わせたソーシャルダーツゲームは魅力。

バーラウンジ ダーツゲーム

通常のダーツに加えて、パーティーゲームのソフトを導入してプロジェクションマッピングでダーツを使用しながらマトや遊び方が変化する、新感覚ダーツゲームを楽しめます。

■ 地下1階 オープン日
プレオープン 3月15日(金)/ グランドオープン 4月5日(金)

■ 席・部屋
ソファ8席 / 個室7部屋

■ 席数
スタンディング300名〜(想定)

■ 料金
男性 3,000円 / 女性 1,000円(1ドリンク付)

アソビル 施設概要

■ アソビル 施設オープン日
2019年3月15日(金)
※4階「プチュウ!」5月オープン
※地下1階「バーラウンジ」プレオープン 3月15日(金)/ グランドオープン 4月5日(金)

■ 所在地
横浜市西区高島2-14-9

■ 営業時間
地下1階 18:00-0:00
1階 7:00-翌5:00
2階 10:00-22:00
3階 10:00-22:00
4階 5月開業予定
屋上 7:00-23:00

※営業時間・ラストオーダーは店舗により異なります。
※地下1階は3月15日よりプレオープン、4月5日に開業予定。営業時間に関しては状況により変更となる場合がございますので店舗に直接ご確認ください。

アソビル おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

アソビル 横浜 施設全体、徹底レポ!飲食店フロアマップやうんこミュージアム