新横浜ラーメン博物館に札幌「名人の味 爐」復活!30周年企画・あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館に札幌「名人の味 爐」復活!30周年企画・あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日(金)より実施中。

本プロジェクトの第7弾では札幌の「名人の味 爐」が2022年11月4日(金)から同24日(木)までの期間に出店します。

同店は、日本全国の多彩なラーメン文化を柔軟に紹介するプロジェクト「新横浜着 全国ラーメン紀行」の第1弾として1996年3月20日~1996年9月30日の期間に出店していました。

札幌「名人の味 爐」について

昭和26年、創業者の大関十一郎氏によって北海道大学の恵迪寮(けいてきりょう)の近くに店舗が誕生。

昭和40年前後のチラシ
昭和40年前後のチラシ

昭和37年、大関十一郎氏の兄である2代目・大関鉄三氏が、十一郎氏の誘いで「爐」をすすき野(南4条、西5条)にオープンし、また親戚筋も苗穂駅前に店を構え、3店舗を構えることとなりました。その後、鉄三氏の戦友から紹介を受け移転したのが、北4西5(現在のアスティ45ビル付近)の店舗です。

駅前店(北4西5)の外観(昭和42年頃)
駅前店(北4西5)の外観(昭和42年頃)

昭和62年には北4西5の駅前店が再開発となり、札幌センタービルからのラブコールを受け移転。鉄三氏の長男である3代目・大関徹史氏は、この頃からお店を手伝うようになり、2013年に発寒南に移転し、現在も70年を超える爐の看板を守っています。

現在の店舗(2013年撮影)
現在の店舗(2013年撮影)

新横浜ラーメン博物館には「新横浜着 全国ラーメン紀行」の第一弾にて出店。

新横浜着 全国ラーメン紀行

当時は既にレギュラー店に札幌「すみれ」が出店していましたが、敢えて同じ札幌のお店を誘致するほど「名人の味 爐」の味わいは独特で、その味が26年の歳月を経て同博物館に復活します。

イカ墨のようにも見えるブラックのラーメン。

ラーメン

ラーメンにはイカ墨は一切使用せず、野菜と魚介類の旨味がたっぷり含まれた特製焦がしラードに、豚骨を強火で炊いた白湯スープ、タレを入れてスープを完成させます。

スープ

麺は札幌ラーメンの歴史を変えた西山製麺の多加水熟成ちぢれ麺を使用。本店で約7割のお客さんが注文する、スペシャルらーめんには挽肉、魚介類(イカ、ホタテ貝、つぶ貝、あさり等)、チャーシュー2枚とボリューミーな具材を盛り合わせます。

西山製麺の多加水熟成ちぢれ麺

あの銘店をもう一度 概要

■ 期間
2022年7月1日(金)~約2年間(各店舗約3週間)

■ 店舗数
約40店舗(現店舗を除く)
※出店期間内、1階ギャラリーにて出店店舗の特設展示

■ 所在地
横浜市港北区新横浜2丁目14−21(施設概要

■ 出店スケジュール
7.札幌「名人の味 爐」
2022年11月4日(金)〜11月24日(木)

6.岡山・笠岡「中華そば 坂本
2022年10月14日(金)〜11月3日(木)

5.静岡・伊豆「あまからや
2022年9月23日(金・祝)〜10月13日(木)

4.福井・敦賀「中華そば一力
2022年9月2日(金)〜9月22日(木)

3.埼玉川越「頑者
2022年8月12日(金)〜9月1日(木)

2.福島「牛乳屋食堂
2022年7月22日(金)〜8月11日(木)

1.和歌山「井出商店
2022年7月1日(金)〜7月21日(木)

新横浜 おすすめ情報

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも私が訪れたときのものです。記事は当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#