新横浜ラーメン博物館に岡山・笠岡「中華そば 坂本」復活!30周年企画・あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館に岡山・笠岡「中華そば 坂本」復活!30周年企画・あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日(金)にスタートしました。

本プロジェクトの第6弾では岡山・笠岡「中華そば 坂本」が2022年10月14日(金)から11月3日(木)の期間に復活。

同店は現存する笠岡ラーメン最古の店として「新横浜ラーメン博物館」に2010年3月6日~2011年4月10日の期間に出店していました。

岡山・笠岡「中華そば 坂本」について

笠岡市には当時最大300軒の養鶏場があり、鶏肉専門の精肉店も多く、安価で大量に入手できたことから「鶏」を使用した中華そばが誕生したといわれています。

中でも戦前に創業した「斎藤(廃業)」は、笠岡のラーメンに大きな影響を与え、独自のラーメン文化が誕生。この頃「笠岡の中華そばを食べるために汽車を下車する」といわれるくらい、美味しいと評判だったそうです。

今回プロジェクトを通じて「新横浜ラーメン博物館」に復活する、「中華そば 坂本」は昭和33年に創業。

中華そば 坂本 外観
中華そば 坂本 外観

創業者の坂本勇氏は鶏専門の精肉店を営み、そのお店の隣で奥様が中華そば店を始めたことが現存する最古の笠岡ラーメン店の始まりです。

左から、初代 坂本 勇氏、2代目 坂本 英喜氏
左から、初代 坂本 勇氏、2代目 坂本 英喜氏

勇氏は鶏専門の精肉店を営んでいた経験を存分に活かしてオリジナルの味を生み出し、現在は2代目の坂本英喜氏がお店を守っています。

中華そば 坂本 ラーメン

同店のラーメンは「親鶏」の鶏ガラをじっくり煮込んだ淡麗スープ。昭和33年の創業以来継ぎ足し鶏肉を煮込んだ秘伝のタレ。水・鶏・醤油のみで作られる、笠岡ラーメン伝統のスープです。

中華そば 坂本 スープ

麺は笠岡市内の大半のお店が仕入れている丸新麺業の低加水中細ストレート麺。

中華そば 坂本 麺

秘伝の醤油ダレで煮込まれたかしわ(鶏チャーシュー)、斜めに切った青ネギ、メンマは、笠岡ラーメンの正統派スタイルです。

あの銘店をもう一度 実施概要

■ 期間
2022年7月1日(金)~約2年間(各店舗約3週間)

■ 店舗数
約40店舗(現店舗を除く)
※出店期間内、1階ギャラリーにて出店店舗の特設展示

■ 所在地
横浜市港北区新横浜2丁目14−21(施設概要

■ 出店スケジュール
6.岡山・笠岡「中華そば 坂本」
2022年10月14日(金)〜11月3日(木)

5.静岡・伊豆「あまからや
2022年9月23日(金・祝)〜10月13日(木)

4.福井・敦賀「中華そば一力
2022年9月2日(金)〜9月22日(木)

3.埼玉川越「頑者
2022年8月12日(金)〜9月1日(木)

2.福島「牛乳屋食堂
2022年7月22日(金)〜8月11日(木)

1.和歌山「井出商店
2022年7月1日(金)〜7月21日(木)

横浜イベントカレンダー

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#