新横浜ラーメン博物館に会津の老舗「牛乳屋食堂」限定復活!あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館に会津の老舗「牛乳屋食堂」限定復活!あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗の銘店が2年間かけ、3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日(金)にスタートしました。

現在出店中の第1弾・和歌山「井出商店」に続き、第2弾では創業90余年の歴史を持つ福島・会津「牛乳屋食堂」が7月22日(金)から8月11日(木)の期間に出店。

昭和初期から長く続く食堂文化としてラーメンとカツ丼という二大名物があるなどの観点から誘致交渉を行い、2009年3月6日~2010年2月28日の期間に同館出店していた福島・会津の老舗です。

牛乳屋食堂について

年号が大正から昭和へと移りゆく時代、会津鉄道芦ノ牧温泉駅(旧:国鉄上三寄駅)の駅前に牛乳屋として創業。初代のキヨノばあちゃんが当時隣に住んでいた中国人から本場の「支那そば」の技術を学び、ラーメンを提供しはじめたことから屋号が「牛乳屋食堂」となりました。

牛乳屋食堂

創業から90余年、数あるラーメン店の中でもこれほど歴史がある店舗は決して多くなく、女性四代で「牛乳屋食堂」の味を引き継いでいるお店です。

牛乳屋食堂のラーメンは、地元の老舗の風味豊かな醤油を使用し、煮干し・豚・豚ガラ・鶏ガラ・野菜のシンプルな郷愁漂うあっさりとしたスープ。多加水熟成のぷりぷりとした麺は、手切り・手揉み極太麺と手揉み中太麺の2種類から選択可能。極太麺は約1cm幅と全国的に見てもかなりの太さです。

牛乳屋食堂のラーメン

中太麺が細麺に見えてしまうほどの麺を牛乳屋食堂では提供しています。※今回の出店では極太麺を食数限定で販売

またお客さんの7割以上がラーメンと一緒に注文する「カツ丼」は豚肉をラーメンのスープ出汁と特製ソースで煮込み、ソースカツ丼は「全国丼グランプリ2018」で金賞を獲得した人気メニューです。※今回の出店では各カツ丼を食数限定で販売

牛乳屋食堂のカツ丼

戦後、会津では食堂が増えるとともに「カツ丼」が名物となり「煮込みカツ丼」も誕生。この「煮込みカツ丼」、そして「ソースカツ丼」にキャベツを入れたものは会津が発祥ともいわれており、また「伝統会津ソースカツ丼の会」という組織が立ちあがるほど「カツ丼」は地域に密着した食べものとして知られています。

あの銘店をもう一度 店舗概要

■ 期間
2022年7月1日(金)~約2年間(各店舗約3週間)

■ 店舗数
約40店舗(現店舗を除く)
※出店期間内、1Fギャラリーにて出店店舗の特設展示

■ 第三弾までの出店スケジュール
1.和歌山「井出商店」
2022年7月1日(金)〜7月21日(木)

2.福島「牛乳屋食堂」
2022年7月22日(金)〜8月11日(木)

3.埼玉川越「頑者」
2022年8月12日(金)〜9月1日(木)

新横浜ラーメン博物館 おすすめ情報

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも私が訪れたときのものです。記事は当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#