新横浜ラーメン博物館に静岡・伊豆「あまからや」復活!30周年企画・あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館に静岡・伊豆「あまからや」復活!30周年企画・あの銘店をもう一度

新横浜ラーメン博物館は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日(金)にスタートしました。

本プロジェクトの第5弾では静岡・伊豆「あまからや」が2022年9月23日(金・祝)から10月13日(木)までの3週間限定で復活。

同店は「新横浜ラーメン博物館」の5周年イベントとして開催されたコンテスト「ラーメン登竜門」の優勝店として、1999年6月3日~1999年8月29日の期間に出店していました。

静岡・伊豆「あまからや」について

店主・海老名 東人氏は、現在本店のある伊豆市の生まれで、100年以上続く“わさび農家”の5代目。サラリーマンを経て和食店で働いた後、1994年に沼津でカレー専門店「あまからや」をオープンし、同店のスパイスをラーメンに取り入れた原点はここにあります。

店主・海老名 東人氏
店主・海老名 東人氏

1999年に「新横浜ラーメン博物館」にて「今までの既成概念にとらわれない新しい発想発掘の場」というテーマで行われるコンテスト「ラーメン登竜門」の開催を知り、「スパイスを使ったラーメンで勝負したら面白いのでは」と思い立ち応募。コンテスト優勝後はカレー専門店から「カレーとラーメンのお店」として生まれ変わり、2002年には横浜市青葉区あざみ野にも店舗を構えるも2005年に店を閉じてあまからやの歴史は一旦終わりました。

海老名氏と「ラーメン登竜門」優勝旗
海老名氏と「ラーメン登竜門」優勝旗

2015年、どうしてもあきらめきれなかった海老名氏は実家の古民家を使い、あまからやを再オープン。自然豊かな里山の中でひっそりと、週3日、1日4時間のみの営業ながら、週末にはラーメンを求め県外からもお客さんが訪れる、知る人ぞ知る人気店となっています。

伊豆本店に飾られた優勝旗
伊豆本店に飾られた優勝旗

看板メニューの「スパイス醤油ラーメン」はラーメン登竜門で優勝を獲得したメニューで、23年の歳月を経て進化。

スパイス醤油ラーメン
スパイス醤油ラーメン

鶏と昆布、魚介類の旨味を丁寧に抽出し、独自にブレンドした10種類のスパイスを加えた「スパイス醤油ダレ」をスープとし、麺は国産小麦「ゆめちから」100%のもちもちとしてコシのある麺を使用。肩ロースのチャーシュー、玉ねぎのマリネ、生玉ねぎ、メンマ、煮玉子、水菜と具沢山な一杯に仕上げます。

あまからや伊豆本店
あまからや伊豆本店

あの銘店をもう一度 実施概要

■ 期間
2022年7月1日(金)~約2年間(各店舗約3週間)

■ 店舗数
約40店舗(現店舗を除く)
※出店期間内、1Fギャラリーにて出店店舗の特設展示

■ 所在地
横浜市港北区新横浜2丁目14−21(施設概要

■ 出店スケジュール
5.静岡・伊豆「あまからや」
2022年9月23日(金・祝)〜10月13日(木)

4.福井・敦賀「中華そば一力
2022年9月2日(金)〜9月22日(木)

3.埼玉川越「頑者
2022年8月12日(金)〜9月1日(木)

2.福島「牛乳屋食堂
2022年7月22日(金)〜8月11日(木)

1.和歌山「井出商店
2022年7月1日(金)〜7月21日(木)

新横浜ラーメン博物館 おすすめ情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#