横浜 資生堂新研究所の呼称は「エスパーク」!カフェやミュージアム、ビューティーバーなど

横浜 資生堂新研究所の呼称は「エスパーク」!カフェやミュージアム、ビューティーバーなど

みなとみらい21地区に誕生する資生堂の新研究所「資生堂グローバルイノベーションセンター」は、2018年10月31日(水)に竣工し、12月中旬から順次研究活動を開始します。

2019年4月には一般の方が利用できる“美の複合体験施設”を1階と2階にオープンし、本格的に稼働します。

同研究所は呼称を「S/PARK(エスパーク)」として、多くの方に親しみを持って気軽に立ち寄っていただける研究所を目指します。

資生堂グローバルイノベーションセンター「エスパーク」について

S/PARK(エスパーク)には、多くの人が集まる「資生堂のパーク(公園)」とイノベーションが次々とうまれる「スパークする研究所」という2つの意味を込めています。

S/PARK(エスパーク)は、「都市型オープンラボ」として国内外の最先端研究機関や異業種などから集約した多様な知見、情報、技術を融合させて最適な価値をつくることで、国や業界を超えたイノベーションを実現。

また、現地のニーズに合わせた価値開発を行っている海外の研究所をつなげる「ハブ&スポーク体制」により、世界中のお客さま・技術情報の一元化と、世界中に向けた価値の発信を実現します。

1階と2階は「美のひらめきと出会う場所」をコンセプトにした美の複合体験施設を展開。

食と美の研究から生まれたメニューを楽しめる「S/PARK Cafe」、資生堂ランニングクラブの知見などに基づく美しくなるプログラムを体験できるスポーツ施設「S/PARK Studio」、オリジナル化粧品をつくることができる「S/PARK Beauty Bar」、最先端技術が感じられる体験型ミュージアム「S/PARK Museum」の4コンテンツで構成します。

みなとみらい 周辺の開発情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜 資生堂新研究所の呼称は「エスパーク」!カフェやミュージアム、ビューティーバーなど