村田製作所「ムラーボ!」無料体験展示で科学の面白さ体感!横浜みなとみらい

村田製作所「ムラーボ!」無料体験展示で科学の面白さ体感!横浜みなとみらいスポット

横浜みなとみらいに2020年12月オープンした、村田製作所の科学体験施設「ムラーボ!」に行ってきました。

同館は事前予約制入場無料施設。室内なので天候に左右されず子どもを中心に大人も一緒に楽しめる体験スポットです。

大人までもつい夢中になって遊んでしまう体験展示を中心に、ようやく訪れた予約日に遊んできたので感想や施設全体についてご紹介。

村田製作所「ムラーボ!」について

村田製作所が手掛ける「ムラーボ!」は、みなとみらい線の新高島駅と桜木町駅の間の区画に位置。※下画像・中央にある建物が村田製作所(手前は音楽ライブハウス「KT Zepp Yokohama」)

ムラーボ!外観

隣接施設に音楽ライブハウス「KT Zepp Yokohama」があり、向かいにはハワイアンレストランで人気のメレンゲ等が入居する「野村ビル」のある場所です。

ムラーボ!入口

科学体験施設「ムラーボ!」は、村田製作所の1階と2階に跨って展開されていました。

村田製作所「ムラーボ!」遊んできた

ムラーボ!の公式サイトにて日時と人数を指定して事前予約。当日は予約した時間にあわせて来館し、予約画面を見せると入館できます。

ムラーボ!

施設全体の概要は以下の画像の通り。

施設全体
貰ったパンフレット撮影

施設は2階がメインの見学エリア。

1階にエントランスがあり、1階から2階までの階段がエレクトロニクス製品や村田製作所の電子部品の歴史を年表形式で知れる「ヒストリーゾーン」になっていました。

ヒストリーゾーン

見学のメインとなる2階からは体験の有無に関係なく入館の際に予約画面が必要なので、「ムラーボ!」を存分に堪能するならば予約必須です。※当日空きがあれば予約なしでも行けるそう(何度か来館して満員だったため予約しました笑)

ムラーボ!内観

2階の「ディスカバーゾーン」は特にコンテンツが充実していて面白く、子どもはもちろん思っていた以上に大人も夢中になって楽しめました。

ディスカバーゾーン

体験時に専用の端末をひとり1台受け取り、エリア内に散りばめられた科学に関するクイズに答えていくと本格的なゲーム(無料)を体験できます。

ディスカバーゾーン 専用端末

子ども向けの施設ではあるけれど、大人の人もぜひということで全力で体験。体験ゲームの画面は撮影禁止なのでここでは現地でもらったパンフの写真を一例で載せておきますね!

体験ゲーム

ゲームセンターにあってもおかしくない作り込まれたサーキットゲームや、自分の身体全体を使うゲーム、AR技術を用いたシューティングゲームのようなキャッチャーなど始まると大人もガチに。

競い合うものは大人同士や家族、グループ同士を組み合わせるなどスタッフさんの配慮も完璧で、グループごとにスタッフさんの目が行き届いていて放置されている感もなくホスピタリティも光っていました。

散りばめられたクイズも大人なら知っているというものから全然わからないものまで、日常生活に密着している情報は普通にためになったりと絶妙なバランス。

ムラーボ!

クイズ以外にもエリア内には実際に手を動かして科学を体感できる展示物があるなど限られたスペースながら無料なのに内容盛りだくさん。

ディスカバーゾーン

ディスカバーゾーン以外には、電気の基本を学べる「シンボルゾーン」と、科学に関する本がたくさん並び実際に手に取って読める「シンクゾーン」を展開。

ムラタセイサク君

シンクゾーンはカフェも併設しているのでパンや飲み物を飲みながら休憩することも可能です。カフェ内にはキッズスペースやお手洗い・ベビールームもありました。

シンクゾーン カフェ

週末は特にあまりの人気で事前予約すらなかなか取れずようやく遊びに行けました。無料スポットとはいえ思っていた以上に大人も一緒に楽しめるコンテンツの充実さに驚き、そして何よりもスタッフさんの温かく超絶丁寧な接客対応に感謝・感激。

科学体験施設「ムラーボ!」の周辺は室内で遊べるスポットが多く、最近できた施設なので知らなかったという方はぜひ参考に!予約忘れず、入館時の撮影時の注意も確認必須です。

村田製作所「ムラーボ!」施設概要

■ 所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目3-8

■ アクセス
みなとみらい線「新高島駅」徒歩約5分
横浜駅や桜木町駅から徒歩約15分

■ 開館時間
10:00~17:00

■ 開館日
火曜日~土曜日(休館日:日曜日、月曜日、その他村田製作所の休業日・臨時休館日)

■ 入館料
無料(当面は事前予約制)

■ 駐車場・駐輪場
なし

おすすめ近隣スポット

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント