首都高MMパーク見学無料!首都高パトロールカーやバイク、体験展示が面白かった

首都高MMパーク行って来た!首都高パトロールカーやバイク、体験展示が見学無料

横浜みなとみらいの「ぴあアリーナMM」の隣接地に、首都高速道路の神奈川局による展示施設「首都高MMパーク」がオープンしていたので行って来ました。

調べてみると2021年6月30日(水)に開業したばかりのスポットで、施設の1階と2階には首都高速道路の歩みや事業の紹介、防災や交通安全対策などの取り組みを学べる見学無料のスペースを展開。

各フロアはサクッと見られる規模感ではあるけれど、普段じっくりと見ることのない首都高のことを様々な展示を通して知ることができて面白かったのでご紹介。

首都高MMパークについて

ぴあアリーナMMの隣接地、みなとみらいの首都高速道路出入口横の街区に新設された「首都高MMパーク」。

首都高MMパーク 外観

周辺にはランドマークプラザや三菱みなとみらい技術館もあるので観光やショッピングとセットで訪れやすいスポットです。

事前予約不要で見学無料

首都高MMパーク 入り口

散歩中たまたま開業していることに気づいた日はあいにくの休館日だったので日を改めて訪問。月曜日が休館日のようなので要注意です。

首都高MMパーク 館内見学

1階から入館するとやはり1番目を惹いたのは首都高バイク隊のバイクです。

首都高バイク隊のバイク

外の通りを歩いていても目が留まる黄色のバイクで主に山手トンネルで活躍。トンネル内での事故や火災発生時に現場に到着して状況確認や避難誘導、一般車両停止制御・排出誘導などを行うそうです。

フロア内にはパトロールカーも設置。

首都高パトロールカー

走行中に見かけたことはあったけれど、こうして車の装備品や車内の様子などを間近で見たのは初めてだったので新鮮でした。

ちなみにパトロールカーや首都高バイクにはコロナ禍でなければ乗車体験もできるとのこと。感染予防のため現在は実施していないけれど再訪の楽しみとして覚えておいても◎

他にも首都高の標識を間近で見学できるコーナーやトンネルの防災紹介コーナー(非常電話体験←コロナ禍は使用中止)なども展開。

標識の展示

トンネルの防災紹介

標識の展示ではこれまで使用されていた鏡面反射と、再帰性反射の違いをスマホのフラッシュを使用して体験できるなど、コロナ禍での見学でも実際に手を動かしてワクワクする展示もありました。

鏡面反射と再帰性反射の違い 体験展示

フラッシュを使用してトンネル内で使用する標識を見られたりと、何気なく見ているものを改めてじっくりと見て気づきを得られて面白かったです。

2階には首都高のこれまでの歴史や首都高の使用済み廃材で生まれたアイテムを展示。

廃材から生まれたアイテム

標識を使用した“標識ベンチ”は首都高の展示施設ならではのユニークなアイテムとなっており、実際に座って一緒に写真も撮れました。

標識ベンチ

標識は夜でも見やすくするために“再帰性反射”を採用しているという専門店的な用語はここに来るまで知らなかったけれど、展示を通して言葉を知り、実体験を通して驚きながらも楽しみ、新鮮な気持ちで大人も学べる無料スポットです。

標識ベンチ

標識ベンチ

神奈川県でも珍しい首都高を学べる展示施設。気になる方は横浜みなとみらいに遊びにきたときにぜひ参考に。

2階にはETC2.0くんもいましたよ!

ETC2.0くん

首都高MMパーク 施設概要

■ 所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-2-9

■ アクセス
JR桜木町駅 東口 徒歩9分
横浜高速鉄道 みなとみらい駅 けやき通り口 徒歩6分

■ 開館時間
10:00~16:30

■ 休館日
毎週月曜日(祝日にあたる場合はその翌日の平日)・年末年始等

首都高MMパーク周辺情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント