横浜アンパンマンこどもミュージアム、移転後の施設徹底レポ!有料と無料のフロア

横浜アンパンマンこどもミュージアム、移転後の施設徹底レポ!有料と無料のフロア

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールは、2019年7月7日(日)に新施設「横浜アンパンマンこどもミュージアム」として、同じみなとみらい21地区に移転オープン。

移転先はマリノスタウンがあったエリアで、横浜駅からのアクセスが格段に向上します。

アンパンマンの世界を細部まで再現したミュージアム(有料)から、無料で楽しめるショップ&フード・レストランまで、プレス内覧会で詳しく見てきたのでご紹介。

横浜アンパンマンこどもミュージアム 施設紹介

新施設のコンセプトは「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」。子どもたちとその家族はもちろん、スタッフやアンパンマンたちも含めて、一緒に遊んでふれあって笑って、楽しさがどんどん膨らむ施設にしたいという想いが込められています。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

新施設は地下1階(駐車場)、地上3階建て。以下構成。

1階:無料で入れるショップ&フード・レストラン
2階:ミュージアム入口・チケット売場
3階:有料のミュージアム

すべて屋内におさめた全天候型施設に生まれ変わったので、雨天でも思いっきり楽しめます。

3階 ミュージアム(有料)

約4メートルの大きなアンパンマンの奥にある虹色の階段をのぼり、2階のミュージアム入口へ。スロープもあるので、ベビーカーでもラクラク。

横浜アンパンマンこどもミュージアム ミュージアム入り口

2階にはベビーカー置き場(約250台)とコインロッカーを完備。また入館者のみ利用可能な、ここでしか買えないオリジナルアイテムが並ぶ「ミュージアムショップ」もあります。

横浜アンパンマンこどもミュージアム 2階ロビー
2階ミュージアム入口
ミュージアムショップ
ミュージアムショップ

3階の有料ミュージアムは、「ひろば」「パンこうじょう」「わんぱくアイランド」「がっこう」「みんなのまち」「アンパンマンごう」「わいわいパーク」「ボールパーク」のエリアがあります。

ミュージアム入館料は2,200円(税込)で、1歳以上一律料金となっています。

3階「ひろば」&「パンこうじょう」

人工芝のひろばにある「パンこうじょう」は中に入ることができます。

ひろば

ひろば

材料をかき混ぜたり、パン生地をこねたり、パン作りごっこが楽しめるようになっています。釜の中に入ることも!

ひろば

「ひろば」はメインステージの会場にもなり、「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」をテーマにしたメインステージを毎日開催。

ほかにも歌や体操のステージなどアンパンマンたちと一緒に楽しむことができるイベントも開催予定です。

メインステージの様子
メインステージの様子
画像提供:横浜アンパンマンこどもミュージアム

メインステージのイベントスケジュールは、当日施設で掲示されますので、チェックをお忘れなく。

3階「わんぱくアイランド」

青い海と空、砂浜をイメージしたエリア。子どもたちが身体を動かしてアクティブに遊ぶことのできる空間となっています。

くじらのクータン
くじらのクータン
坂になった砂浜
坂になった砂浜
ボールプール
ボールプール
アスレチック感覚で楽しめるネット遊具
アスレチック感覚で楽しめるネット遊具

3階「がっこう」

工作教室などが行われるスペース。

はいはいができるようになった赤ちゃんが動き回れる「ベビーエリア」も設けられています。

がっこう

3階「みんなのまち」&「アンパンマンごう」

アンパンマンの世界にある街を再現したエリア。

「みんなのまち」&「アンパンマンごう」

「ちびぞう君のいえ」や「カバお君のいえ」「おかしのいえ」などが並び、ごっこ遊びをしたり、さまざまな仕掛けで楽しんだり、様々な遊び方ができます。

「カバお君のいえ」では、畑で野菜の収穫ごっこやお料理ごっこが楽しめます。

カバお君のいえ
カバお君のいえ

「おかしのいえ」では、親子でお店屋さんごっこも楽しめるような構成となっています。

おかしのいえ
おかしのいえ

「アンパンマンごう」の中には80個もの仕掛けがあり、大満足の操縦体験が可能です。

アンパンマンごう
アンパンマンごう
アンパンマンごう
アンパンマンごう

3階「ボールパーク」

全国のアンパンマンこどもミュージアムで人気のボールパーク。アンパンマンをはじめとした仲間たちのボールを使って自由に遊べるエリアです。

ストレッチボールは2階ミュージアムショップで販売されています。

ボールパーク

ボールパーク

ミュージアムを出たスロープの壁には、100体のアンパンマンのキャラクターたちが描かれていて、お見送りしてくれます。

スロープの壁のアンパンマンのキャラクター

1階 ショップ&フード・レストラン(無料)

1階は、無料で入れるショップ&フード・レストランとなっており、個性豊かな14店舗が並びます。

フードコートの周りには3店舗、「ハンバーガーやさん」「うどんやさん」「ごはんやさん」が並び、わっぱごはんなどを提供。

1階 ショップ&フード&レストラン

1階 ショップ&フード&レストラン

1階 ショップ&フード&レストラン

1階 ショップ&フード&レストラン

わっぱごはん

移転前にも人気だった不二家が運営する「アンパンマンレストラン」では通常のレストラン営業に加え、予約限定の「プレミアムバースデープラン」が登場。

アンパンマンレストラン

アンパンマンレストラン

併設の「ソフトクリームやさん」では、横浜限定のスーベニアカップ付きミルキーソフトクリーム(800円税込)を販売します。

ソフトクリームやさん

1階 ファミリーステーション

子育て中の家族に必要な、トイレやおむつ替え・授乳・離乳食スペース、ミルクの調乳機などが1ヵ所に集約されています。

アンパンマンレストラン

1階 ひろば

中央にある「ひろば」では、約6メートルの吹き抜け空間を活かしたショーを毎日開催。

ひろば

1階 ショップ

ひろばの周りには、アンパンマンたちをデザインしたグッズ、絵本などを販売するショップ7店舗が勢ぞろい。横浜限定グッズもあるので、横浜土産に最適です。

ショップ

ジャムおじさんのパン工場

移転前にも大人気だった「ジャムおじさんのパン工場」は、ショップ入口横にオープン。

ジャムおじさんのパン工場

できたてのキャラクターパンが並びます。パンが焼き上がると、スタッフが「できたよ~」と声を出したり、歌を歌ったりしてお知らせ。

ジャムおじさんのパン工場

アンパンマン、しょくぱんまん
アンパンマン、しょくぱんまん
コロッケキッド
コロッケキッド

さらに密度の濃い参加・体験ができる施設へとリニューアルした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。夏休みのお出掛けの予定に加えてみては。

横浜アンパンマンこどもミュージアム 施設概要

■ オープン日
2019年7月7日(日)
開業日は10:00からオープニングセレモニー開催、10:20オープン予定

■ 住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9(みなとみらい61街区)

■ 営業時間
ミュージアム 10:00~17:00(最終入館 16:00)/ショップ&フード・レストラン10:00~18:00

■ 休業日
元日 ※このほか臨時休業あり

■ 入館料
2,200円(税込)
※1歳以上一律、当日に限り再入館可、1階ショップ&フード・レストランは入場無料

■ アクセス
みなとみらい線「新高島駅」4番出口から徒歩3分
横浜駅東口から徒歩10分

■ 駐車場
第1駐車場(地下1階)128台、第2駐車場(富士ゼロックス1階)188台
最初の1時間600円、以降300円/30分
※割引券等の発行はありません

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜アンパンマンこどもミュージアム、移転後の施設徹底レポ!有料と無料フロア