クルミッ子ファクトリーのカフェで“切り落とし”だらけのクルミミカップ堪能!横浜ハンマーヘッド

クルミッ子ファクトリーのカフェで“切り落とし”だらけのクルミミカップ堪能!横浜ハンマーヘッド

横浜みなとみらいの商業施設「横浜ハンマーヘッド」内の「クルミッ子ファクトリー」は、クルミッ子を製造するファクトリーだけでなく物販コーナー、店内奥にカフェも併設。

店内奥のカフェは店内席とテラス席を完備し、横浜港を眺めながら鎌倉紅谷のオリジナルスイーツを楽しめます。

今回はカフェで食べた「クルミッ子」の“切り落とし”部分を詰め合わせた「クルミミカップ」が最高に良かったのでご紹介。

横浜ハンマーヘッド「クルミッ子ファクトリー」カフェ利用

クルミッ子ファクトリーは事前予約なく誰でも製造工程を覗けるファクトリーを備え、併設するかたちで店内奥にカフェと入り口に物販コーナーがあります。

横浜ハンマーヘッド「クルミッ子ファクトリー」外観

カフェではクルミッ子のキャラメルソースを使ったラテやフラッペをはじめ、オリジナルのドリンクを各種販売。

クルミッ子ファクトリー カフェメニュー
クルミッ子ファクトリー カフェメニュー
(2020年3月現在のもの)

スイーツにはクルミッ子キャラメルクリームのケーキやクルミッ子パフェなどもあり、クルミッ子好きにはたまらないメニューが揃ってました。

今回は、その中から「クルミミカップ(500円)」を注文。ファクトリーを併設するカフェだからこそ毎日提供できる特別なクルミッ子を味わえます。

鎌倉・八幡宮前本店の「サロン・ド・クルミッコ」と異なるメニューを、カジュアルに食べられるカフェとなっているので鎌倉の店舗に行ったことがある人にもおすすめです。

店内奥のカフェでクルミミカップ

クルミッ子完成までの過程を見ながら、実際にクルミッ子を食べられるのもクルミッ子ファクトリーのカフェならではの楽しみ方。

横浜ハンマーヘッド「クルミッ子ファクトリー」店内奥のカフェ

クルミッ子 製造ライン

クルミッ子 製造ライン

クルミミカップはクルミッ子がカップにギッシリと詰まったメニュー。

クルミッ子ファクトリーで作られた、クルミッ子の“切り落とし”をたっぷりと食べられるのがこの商品の魅力です。

クルミミカップ

切り落としは生地の部分が通常よりも多く、ガリッとした食感をしっかりと味わえ楽しめます。

クルミミカップ

そのため、切り落とし部分も鎌倉紅谷の隠れた人気商品としてファンも多く、同店利用時もクルミミカップを買い求めている人を多く見かけました。

カフェ内で食べる人はもちろん、店内で食べる用と持ち帰り用に両方購入する人がいて改めて切り落とし部分の人気を実感。工場併設の同店は毎日提供しているので気になる方はぜひ。

クルミミカップ

クルミミカップ 切り落とし部分

クルミッ子のメイン部分もひとつ入っていたので切り落としとは異なる食感、さらにキャラメルソースの量の違いなど1カップで2度楽しむことができてラッキーでした。※数は異なる可能性あり

クルミミカップ

窓からは同施設のシンボルであるハンマーヘッドクレーンと横浜港をのぞめ、食だけでなく横浜らしい景色やココだけの体験・時間を過ごせるクルミッ子ファクトリー

横浜ハンマーヘッド「クルミッ子ファクトリー」店内奥のカフェからの景色

製造工程は誰でも無料で覗け、ちょっとした工場見学気分を過ごせるのでカフェが利用できない時も必見です。運が良いとクルミッ子作りをお手伝いしている「クルミッ子運ぶくん」がスタッフの一員として働いているところも見られるかも!?

クルミッ子運ぶくん

クルミッ子ファクトリー 店舗概要

■ 所在地
横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2階(施設詳細

■ 営業時間
11:00-21:00(工場見学 11:00~19:00)
※2020年3月2日(月)~3月31日(火)の期間は、新型コロナウィルスの影響により営業時間が11:00~20:00、工場見学が11:00~18:00に変更となっています。※期間は今後変更の可能性もあり。

■ 公式サイト
https://www.beniya-ajisai.co.jp/kf/

■ クルミッ子ファクトリー 全体レポ
横浜ハンマーヘッドのパッケージでクルミッ子も売っているので現地行ったら要チェック!

横浜ハンマーヘッド おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

クルミッ子ファクトリーの「クルミミカップ」で“切り落とし”堪能!横浜ハンマーヘッド