横浜駅にダシ専用の自販機!?だし道楽の自販機に行って買ってみた

横浜駅にダシ専用の自販機!?だし道楽の自販機の場所に行ってきた

いまや自動販売機で販売するのは飲み物だけではない!

それを証明する自動販売機が横浜駅にもありました。販売しているのはうどんなどに使用するダシで、上段・下段ともにダシで覆い尽くされた自動販売機が設置されています。

調べてみるとご紹介するダシは広島県呉市にあるダシが自慢のうどん屋 「だし道楽」が販売している人気のダシです。

本当にダシしか販売していない不思議な自動販売機で、購入して実際に家で使ってみたので早速ご紹介したいと思います。

だし道楽 自動販売機について

だし道楽 自販機の場所

横浜駅のきた西口から鶴屋町方面に位置している自動販売機。広い駐車場の入り口に「自販機コーナー」と書かれた看板がありました。(地図

ダシの自販機

横浜駅から鶴屋橋を渡って直進すると目に入る位置にありこの通りが初めての人でも発見しやすい場所にあります。自販機コーナーの文字の下にもよく見ると「だし道楽」の文字が確認できます。

また、自動販売機はダシだけでなく格安チケットを販売している自動販売機もありました。珍しい自動販売機が並んでいる光景は斬新で面白かったです。

ダシの自販機

ダシは焼きあご・昆布入りのダシ宗田節入りのダシの2種類を販売。1本500mlで700円とスーパーで見かけるダシよりは少しお高めの印象です。

1本500ml 700円のだし道楽のダシ

せっかくなので2本買ってみました!

だし道楽のダシ 2本

それぞれ1本ずつダシを買ってみました。自動販売機から出てきたダシは冷蔵庫から取り出したばかりの冷え冷えの状態。

このまま鞄に入れると物がぬれてしまうので購入の際はビニール袋などを持参していると安心です。今回はそのようなものを持ち合わせていなく地味に持ち帰りに苦労しました。

中をよく見ると焼きあごや昆布がダシの中に入っていて1本で約13杯、40ccに対して水を約300cc入れるだけで利用ができます。

ダシに入った焼きあごや昆布

釜玉うどんや卵かけご飯、冷奴など使い道は様々あるダシの記念すべき1回目の利用は暑かったので素麺のつゆとして利用しました。

素麺とダシ

少しトロッとしたとろみがあり、香りがとても良いダシで素麺との相性も抜群。使い慣れたダシとは異なる新しい味を楽しめました。

また、市販ではあまりない香りの点でも料理を楽しめたというのも凄く良かったです。

そのままかけても隠し味にも使える万能調味料。パスタや味噌汁、チャーハンにも良いとのことなので別の料理にも使ってみたいと思います。

だし道楽の味を試したい方や珍しいダシを使ってみたい方は横浜駅から徒歩すぐの場所にあるので行ってみてくださいね。

薄めて炊き込みご飯やおでん、煮物など様々な料理も試したくなる専門店の味です。

だし道楽 自動販売機の詳細な場所

◼︎ 所在地
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目18(三井のリパーク)

◼︎ 公式サイト
http://dashidouraku.com/

横浜の他にも神奈川県では川崎や武蔵溝口に設置されています。

関連キーワードからさらに見る!

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

横浜駅にダシ専用の自販機!?だし道楽の自販機の場所に行ってきた

おすすめピックアップ記事

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2017 はまこれ横浜 All Rights Reserved.