横浜山手西洋館めぐり おすすめコースと所要時間、無料なのに見応え抜群!

横浜山手西洋館めぐり おすすめコースと所要時間、無料なのに見応え抜群!

横浜観光で人気の山手西洋館めぐり

横浜中華街や山下公園、みなとみらいともまた違う“古き良き横浜”をたっぷり感じられる素敵なスポットを横浜赤レンガ倉庫横浜港大さん橋に続き、横浜観光が初めての方に詳しくご紹介。

基本の最寄り駅情報からおすすめのコース所要時間まで写真とあわせて現地レポでお届けします。

山手西洋館について

横浜開港の歴史と深い関係のある外国人居留地。山手西洋館は当時の暮らしを伝え、そのレトロでお洒落な雰囲気が観光客にも人気が高く西洋館をめぐる人が多いエリアです。

山手エリアには「横浜市イギリス館」や「エリスマン邸」「ブラフ18番館」「外交官の家」など、全部で7つの西洋館があり、いずれも事前予約不要入館無料で誰でも見学できます。

山手西洋館

みなとみらい線「元町・中華街駅」とJR根岸線「石川町駅」が最寄駅で、横浜元町ショッピングストリートを麓に丘の上に位置。

山手西洋館 丘の上

初めて行く方は予想以上の急坂に正直驚くはず。少しでも体力を残したい・足腰に自信のない方は元町・中華街駅の6番出口からアメリカ山公園にエスカレーター・エレベーターで上がっていくのがおすすめです。

アメリカ山公園は朝6時から夜11時まで開いているので観光客の殆どは時間を気にすることなく利用できます。時期によりバラが咲く綺麗な公園です。

アメリカ山公園

山手西洋館めぐり おすすめコース

山手エリアに存在する7つの西洋館はいずれも徒歩で移動できる距離にあるので現地でのアクセスについては心配無用。

山手西洋館は外観の見学だけでなく建物内に入って見学できるので(無料)初めての方でじっくり見たい方は半日ぐらい所要時間を見ていると安心です。→ 山手西洋館めぐり Googleマップを拡大表示

アメリカ山公園から最初の西洋館までは徒歩10分弱の距離。途中で通る「港の見える丘公園」も立ち寄りたい山手エリアの定番観光スポットです。

1. 横浜市イギリス館施設詳細
1937年に英国総領事公邸として建築された鉄筋コンクリート2階建ての洋館。港の見える丘公園に隣接した洋館で、「山手111番館」も徒歩すぐの場所に位置します。

横浜市イギリス館

2. 山手111番館施設詳細
1926年に建てられられたスパニッシュスタイルの洋館。赤い瓦屋根の白壁が特徴的で、館内には庭園を見ながらローズの紅茶を楽しめる喫茶室「カフェ・ザ・ローズ」を併設しています。

山手111番館

山手111番館

立ち寄り:港の見える丘公園施設詳細
横浜港を見下ろすことのできる山手を代表する公園。横浜ベイブリッジを望めるロケーションは日中だけでなく夜景も楽しめ、シーズン中は鮮やかなバラを観に来る人で賑わうスポットです。

港の見える丘公園

港の見える丘公園 バラ園

港の見える丘公園から見える景色

3. 山手234番館施設詳細
1927年頃に外国人向けの共同住宅として建築。1975年代頃まで使用され、再現された居間や山手234番館の歴史をパネル展示で見学できます。

山手234番館

4.エリスマン邸施設詳細
生糸貿易商社シーベルヘグナー商会のスイス人、フリッツ・エリスマンの邸宅を1990年に再現。木造モダニズム様式を取り入れた洋館で、2階には山手の洋館に関する資料を展示。

エリスマン邸

5.ベーリック・ホール施設詳細
1930年にイギリス人貿易商B.R.ベリックの邸宅として建設された洋館で、現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物。横浜を代表するカフェ「えの木てい 本店」が近くにあるのでカフェ好きな方はセットで。

ベーリック・ホール

ベーリック・ホール

6.ブラフ18番館施設詳細
オーストラリアの貿易商バウデン氏の邸宅。館内は大正末期~昭和初期の外国人住宅の暮らしを再現し、家具を展示するほか、2015年に2階の展示室を寝室にリニューアルしています。

ブラフ18番館

7. 外交官の家施設詳細
1910年に明治政府の外交官内田定槌の邸宅として建築されたものを1997年に移築復原。国の重要文化財に指定されており、当時の外交官の暮らしを体験できます。

外交官の家

外交官の家

山手エリアには「カフェ・ザ・ローズ」「えの木てい」など西洋館の雰囲気を感じながらカフェタイムを過ごせるお店もあります。エリスマン邸で生プリンを提供していた「しょうゆ きゃふぇ」は2019年4月に移転(詳細)。

えの木てい
えの木てい 外観

えの木ていは1927年に建築された外国人居留だった山手に残る数少ない西洋館のひとつ。アンティーク家具などにもお目にかかれるレトロカフェで横浜土産でも有名なお店です。

また山手西洋館は季節に合わせて館内で「クリスマス装飾」「ハロウィン装飾」を行うので、まだ一度も見たことない方は必見。※写真は過去に撮影したもの

山手西洋館 クリスマス装飾
山手西洋館 クリスマス装飾
山手西洋館 クリスマス装飾
山手西洋館 クリスマス装飾
山手西洋館 ハロウィン装飾
山手西洋館 ハロウィン装飾
山手西洋館 ハロウィン装飾
山手西洋館 ハロウィン装飾

各館内で本格的な装飾が施されるので普段とはまた別の雰囲気を楽しめ、わざわざ行く価値のある季節イベントです。この時も入館無料。

他にも5月中旬から6月中旬と10月中旬から11月中旬は、バラが見頃になるのでシーズンを通して楽しめるのも山手エリアの魅力です。横浜観光で訪れる際はぜひ季節の顔もご堪能ください。

横浜観光 おすすめガイド情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜山手西洋館めぐり おすすめコースや所要時間、無料なのに見応え抜群!