横浜駅「鳳仙花(ほうせんか)」金目鯛つけ麺に初トライ!アラ使った淡麗系のつけ汁

横浜駅「鳳仙花(ほうせんか)」金目鯛つけ麺に初トライ!アラ使った淡麗系のつけ汁

横浜駅西口に見つけた金目鯛ラーメン「鳳仙花(ほうせんか)」にハマってから鬼リピ中。

同店の金目鯛ラーメンは唯一無二の美味しさで絶品中の絶品であることは過去記事の通りですが、今回はまだ食べたことのなかった「金目鯛つけ麺」にトライして来たのでご紹介です。

風味濃厚なラーメンとの違いも面白く、“つけ麺”といっても他店にない特徴の詰まった一杯でした。

鳳仙花(ほうせんか)について

横浜駅西口から少し歩いた場所にある鳳仙花。大勝軒やたまがったの向かいです。

鳳仙花(ほうせんか)外観・入口

店内はカウンター席のみで入口そばの券売機にて食券を購入して着席するスタイル。

今年2月に開業したばかりなので清潔感もあり、開放的な店内なので入りやすく、店員さんの対応もいつ行っても心地良い点も何度もリピートしたくなるポイントです。

金目鯛つけ麺に初トライ!

これまでは金目鯛を使用したラーメンばかりをリピートしていましたが、そろそろ夏も終わってしまうので「金目鯛つけ麺」も食べておこうと注文。

金目鯛つけ麺

つけ麺は特製ではなく1番シンプルな「金目鯛つけ麺(850円・税込)」に、同店を利用する際は毎回必ず注文する「チャーシュー(200円・税込)」をこの日もトッピングしました。

金目鯛つけ麺は麺は冷、つけ汁は温。※具材のデフォルトは穂先メンマ、さらにチャーシューも乗っていてトッピングは後述の別皿での提供

金目鯛つけ麺

麺は多加水・全粒粉を使用し、ツルツルした口当たりと弾力が強めのモチモチ食感が食べ応えを感じさせ食べ応え抜群。同店でラーメンを食べた時よりもお腹いっぱいに。

全粒粉を使用した麺

つけ汁はサラッとしたタイプのため麺に濃厚に絡みつくことはないけれど、金目鯛のアラ出汁で作るつけ汁からは魚介の香りをたっぷりと感じられ、麺の歯応えと一緒に香りを堪能できる一品です。

金目鯛つけ麺のつけ汁

時折レンゲでスープを口に入れると割る前なので塩のしょっぱさがある一方、そのしょっぱさも含めてアクセントになり美味。

金目鯛つけ麺

豚肩ロースで作るチャーシューはこの日も安定の抜群の美味しさでラーメンのとき同様につけ麺にもよく合いました。口どけの良いしっとりと滑らかなチャーシューはやはり増量して大正解、必食!

トッピングのチャーシュー

最後にスープ割をお願いすると塩味がやわらぎ飲みやすく癖になります。お腹に余裕がある方はご飯につけ汁をかけて“金目鯛茶漬け”にして食べても◎

初訪問時に受けた金目鯛の濃厚な衝撃は「つけ麺」では控えめだったので(個人の感想)、初訪問で金目鯛のパンチを存分に感じたい人はやはりラーメンからが良いかなと。

金目鯛をあっさりたっぷり浴びたい時は金目鯛ラーメンを、より金目鯛を強く濃厚なスープで味わいたい時は濃厚白湯の金目鯛ラーメンを。毎回ギリギリまで悩んでます。

金目鯛らーめん 鳳仙花(ほうせんか)店舗概要

■ 所在地
神奈川県横浜市西区南幸2-7-9

■ 営業時間
11:00〜23:00(短縮営業中は20:00)

■ 鳳仙花 関連記事

横浜駅 おすすめラーメン情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント