グランピング施設が横浜みなとみらいのカップヌードルミュージアムパークに誕生!

グランピング施設が横浜みなとみらいのカップヌードルミュージアムパークに誕生!

※追記(2021年8月23日)
グランピング施設の内部を現地で色々とチェックしてきました!イメージ画像ではわからなかった雰囲気や利用方法など参考に↓↓

– – 追記ここまで – –

横浜市は、横浜みなとみらのカップヌードルミュージアムパーク内にアウトドア体験ができるグランピング施設「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD(ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド)」を2021年8月24日(火)にグランドオープンすると発表。※グランドオープン日は緊急事態宣言延長を受けて2021年9月13日(月)に変更

本グランピング施設はSOULPLANETが運営し、円型プロムナードデッキ「ツリーランドサークル」や、女神橋サイドの森林を活かしたグランピング体験エリア「ファイヤーフォレスト」、多目的フィールド「ワンダーフィールド」の3つのエリアを構成。それぞれ特色の違う楽しみ方を提案します。

利用予約の入っていない時間帯については一般の方も休憩などで利用でき、港の美しい景観の眺望が特徴の港湾緑地がさらに飲食も楽しめるようになります。

グランピング施設「ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド」について

グランピング施設「ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド」内はコンセプトの異なる3つのエリアに分かれ、それぞれ違った魅力と楽しみ方を提案。来るたびに新しい発見ができる施設として展開。

グランピング施設「ドリームドアヨコハマハンマーヘッド」全体概要

横浜ハンマーヘッドサイドの象徴的な円型プロムナードデッキの「ツリーランドサークル」には受付やBAR、パークレンジャーズロッジを備え、2階のデッキからは横浜港の眺望を楽しめます。

ツリーランドサークル

女神橋側の森林を活かした「ファイヤーフォレスト」は、森の中で海を渡る風を感じながらアウトドア体験ができ、キャンプ初心者から上級者まで楽しめるエリアです。両エリアに挟まれた「ワンダーフィールド」は季節限定で開放(夏〜秋)。全面芝生の開放的なエリアで、本格キャンプ気分を味わえます。

ファイヤーフォレスト

ワンダーフィールド

本施設では本格アメリカンBBQを楽しめる各種バーベキュープランの他にも、併設のカフェにてフードやドリンク、さらにアウトドアグッズなども販売。

BBQメニュー

併設する2箇所のカフェ「GOOD MAN STAND and SON」「and DAUGHTER」はオリジナルドリンクやフードのテイクアウトに対応し、みなとみらいの風景とともにオリジナルカフェメニューを満喫できます。

グランピング施設「ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド」カフェメニュー

グランピング施設「ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド」カフェメニューの料金

セレクトショップ「BLACK CAT CAMP」では、同社が展開するオリジナルアウトドアブランド「BLACK CAT CAMP」を中心としたオリジナルアイテムやアウトドアグッズなどを取り揃えます。

セレクトショップ「BLACK CAT CAMP」

グランピング施設「ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド」概要

■ グランドオープン日
2021年8月24日(火) 9月13日(月)に変更
プレオープン期間:2021年8月4日(水)~9月12日(日)※プレオープン期間は通常時と異なるメニューにて営業

■ 所在地
神奈川県横浜市中区新港2丁目 新港パーク内

■ 席数
624席

■ 営業期間
3月~12月(予定)

■ 営業時間
11:00~22:00

■ 料金
5,500円~(BBQプラン)

■ URL
https://yokohama.dreamdoor.jp/

おすすめ関連スポット情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント