横浜駅「ダイゴミバーガー」大盛況につき個数限定販売に!3月21日〜23日まで

横浜駅「ダイゴミバーガー」大盛況につき個数限定販売に!3月21日〜23日

横浜駅直通複合型エンターテインメントビル「アソビル」1階のグルメストリート内に出店するチーズバーガー専門店「ダイゴミ バーガー(DAIGOMI BURGER)」は、予想を上回る大盛況を受けて、2019年3月21日(木)〜23日(土)までの3日間、50個限定販売にて営業することを発表。

また同時に、お客様の要望に応える体制を整えるため、急遽、2019年3月20日(水)を休業とすることも発表しています。

バンズの在庫切れについて

2019年3月15日(金)、横浜駅直通エンタメビル「アソビル」内にオープンしたチーズバーガー専門店「ダイゴミ バーガー」は当サイトでも紹介したばかりの記憶にも新しいお店。

そんな同店は、「予想を大きく上回る大盛況につき、バンズの生産が追いつかず、とうとう在庫が切れてしまった」と発表。2019年3月20日(水)は休業とすることも合わせて発表されました。

■ 休業日
2019年3月20日(水)

■ 50個限定販売日
2019年3月21日(木)〜2019年3月23日(土)

■ 開業時刻
11時OPEN(売り切れ次第終了)

※2019年3月24日(日)以降は通常営業

ダイゴミ バーガーの素材について

ダイゴミ バーガーの食材は全て無添加のものを使用したハンドメイド仕上げ。

その中でもチーズバーガーの美味しさをより一層引き立ててくれているバンズは、熊本県にて、酸化防止剤や乳化剤などの添加物が一切入っていない完全無添加のこだわりの一品を品質を保つため冷凍状態で入荷しています。

バンズは素材にも非常にこだわり、通常の小麦粉に比べ栄養価の高い小麦全粒粉や濃厚な味わいが特徴の北海道産生乳のバターとイタリア産エクストラバージンオリーブオイルを油脂として使用。

その他、塩、グラニュー糖、牛乳、卵、水までもが、厳選された天然の高品質なものを採用しており、その上で、バンズ生地一つ一つを手作りで焼き上げます。

同店は、「この度、数多くのメディアに取り上げていただき、大盛況いただいている状況に対しまして、生産が追いついていない」とコメントしています。

横浜駅「アソビル」おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜駅「ダイゴミバーガー」大盛況につき、3月21日から23日まで個数限定販売に