アド街ック天国「南町田」に登場したグルメやスポットまとめ

アド街ック天国「南町田」に登場したグルメやスポットまとめ

テレビ東京系列「出没!アド街ック天国」(2020年1月11日放送)は巨大エンタメタウン「南町田」に出没。

惜しまれつつ閉館した「グランベリーモール」や隣接する公園・駅を再開発し、2019年11月に誕生した大型施設「南町田グランベリーパーク」は都民だけでなく東急田園都市線の沿線沿いに住む横浜市民にとっても魅力的なスポットに。

駅とショッピングモールエリアと公園がシームレスに繋がった「南町田グランベリーパーク」を中心に、地元の人が愛するベーカリー倉庫を使用したショップなど様々なスポットが登場。番組を見逃した方や見たけど再確認したい方はぜひ参考に。

20位 南町田グランベリーパーク駅

南町田駅が南町田グランベリーパーク開業にあわせて駅名を「南町田グランベリーパーク駅」にリニューアル。

平日も急行が止まるようになり、大井町線との直通運転も一部スタートしました。駅構内も大リニューアルし近未来型の駅に。駅を出たら目の前が南町田グランベリーパークです。

南町田グランベリーパーク駅
駅出てすぐの南町田グランベリーパーク

19位 シームレスの街

かつてのグランベリーモールはさらなる発展のために一度閉鎖し、隣接する駅と公園とともに再開発を実施。東京ドーム5個分に相当する広大なまちに生まれ変わりました。

南町田グランベリーパーク

南町田グランベリーパーク

以前グランベリーモールと公園を分断していた車道は廃止されて遊歩道に。駅から公園、ショッピングゾーンが車に遮られることなくシームレスに繋がりました。まちの3カ所にペット用のトイレも3箇所設置。

18位 地元店も参戦

中央林間に本店を構える人気パティスリー「メゾンジブレー」がグランベリーパークに出店。今回のオープンに合わせてグランベリーパーク店限定で「グランベリータルト」も販売。

都内のデパ地下でも人気の「五右衛門とうふ」。製造販売しているのは南町田の丸昌商店で国産大豆と伊豆大島産のニガリで作る豆腐と生湯葉は豆腐の味が濃いと評判とのこと。

南町田店では限定品としてお店の濃厚な豆乳をミックスした「豆乳入りチーズティー」も販売。

17位 お子様 増加中

東京都内の子どもの転入数は町田市が5年連続No.1。中でも南町田は子どもの数が多く今年度だけでも新たに4つの保育園が開園します。

町田市初の子育て支援施設「町田市子どもセンター ばあん」は施設の利用が全て無料。18歳まで体育館や音楽スタジオを無料で利用できます。

16位 イーグル18

300坪の倉庫を使用した屋内ゴルフ練習場。

天井が高いため、50ヤードのアプローチショットも可。日本初の芝目のある人工芝を採用。桑田真澄さんの弟さんが運営し、レッスンもお客さんに人気のようでした。

15位 横浜町田インターチェンジ

国道246号線と16号線が交わる交差点はかつて渋滞ポイントでしたが、4年前に16号線の上に246号線を跨ぐバイパスが完成。

去年、そのバイパスと町田インターを繋ぐ町田立体ランプが開通し、昔より渋滞も解消されました。

町田立体

14位 D.F.Service MACHIDA

全国に10店舗を展開するダルトン初の大型店。家具やキッチン雑貨、洋服など4万4,000種類以上のアイテムを揃えるショップです。

王冠型の金具を石鹸に埋め込み磁石で固定できるようにするアイテムや2人掛けベンチが一瞬でベンチ付きテーブルにトランスフォームするユニークなアイテムが紹介されてました。

アンティーク加工の取手や10種類以上の古材品などマニアックなDIY用商品も豊富。

13位 そばの里ときわ

昭和32年創業「そばの里ときわ
十割そば 田舎そば(1,060円)

12位 万葉の湯

万葉の湯の1号店。湯河原の源泉を毎日タンクローリーで直送。9年前のリニューアルで宿泊できるようになりました。

11位 人気ベーカリー

サンポタマージュ
地元のママたちに人気のお店。毎日およそ50種類のパンが並ぶベーカリーで、カフェでは16種類のパンの中から数種類が食べ放題も実施。

パントキ
サンドイッチのオードブルが特に地元の人に人気の商品。

パンパティ(南町田グランベリーパークに出店)
8時間でおよそ6,000個を売り上げた世界記録を誇るカレーパンを販売。本店にはない「ステーキカレーパン(249円)」も販売。

私も買いに行ってみましたが大行列で断念…買いたい方は行列に並ぶ覚悟と時間に余裕を持って行くのがおすすめです。

パンパティ
南町田グランベリーパーク パンパティ行列

10位 つるま甘納豆本舗

昭和46年から続く甘納豆専門店「つるま甘納豆本舗」。

町田市の名産品にも認定されており伝統を守る一方で、豆以外にもおよそ46種類のオリジナル商品も販売します。

9位 アウトドアショップ

・スノーピーク
キャンプ用品・アパレルアイテムの販売だけでなく、施設の芝生を使用して無料のテント設営講習なども実施。また番組には登場していませんでしたが、スノーピークのカフェも併設されています。

・モンベル
日本最大級の売り場面積・品数も日本一。キッズコーナーの充実度も日本一。クライミングウォールやカヤックにもチャレンジすること可。

モンベル

モンベル

8位 ホーチキ 町田事業所

日本初の防災メーカー「ホーチキ」。昭和37年創業。主に火災放置の受信機を主に製造、製品の性能試験を実施する電波暗室も併設。

7位 成城石井セントラルキッチン

24時間体制で成城石井の全ての惣菜を作るセントラルキッチン。年間100万本を売り上げる人気商品プレミアムチーズケーキや一流料理人による味が日本中に届けられます。

成城石井

成城石井 グランベリーパーク店では日本で唯一惣菜の量り売りを実施。自家製ウインナーも南町田限定で不揃い品を正規品のおよそ30%オフで販売しています。

6位 エンタメレストラン

・ギャザリングマート(イートインスペース完備)
食の専門店が集結。

・ひつじのショーン
ミュージアム一体型カフェは日本初。作品の世界観広がるカフェではショーンのキャラクターをモチーフにしたスイーツなどを販売。

・KFCレストラン
ブッフェ形式でオリジナルチキンやオリジナルチキンのために考案されたスープカレーなどを提供。

5位 倉庫の店

・無限堂 厨房館
プロ用厨房機器を買い取り販売を行うリサイクルショップ

・スリフトモール
日本最大級の1坪ショップ。300坪の倉庫の中にオーナーの異なる1坪のショップが51店舗集結

4位 スヌーピーミュージアム

アメリカにあるシュルツ美術館の世界唯一の分館「スヌーピーミュージアム」。

スヌーピーミュージアム

貴重な原画が間近で見れる企画展は半年毎にリニューアル、8メートルの巨大スヌーピーに出会うこともできます。

またミュージアムの隣にはピーナッツカフェも併設。スヌーピーをモチーフにしたメニューも提供。

ピーナッツカフェ

横浜みなとみらいの商業施設「MARINE & WALK YOKOHAMA」にもピーナッツカフェを展開しているのでスヌーピーファンはぜひ。

3位 境川

神奈川県と東京都の間を流れる境川。

相模湖や道志川の水を横浜の浄水場まで運ぶ際、境川を越えるときに使用されるアーチ型の水管橋が街の風景として親しまれています。

2位 鶴間公園

東京ドーム1.5個分の敷地がある公園。かつて雑木林だった一角には町田市最大級の遊具を設置、ウッドチップも敷き詰めるなど南町田の庭としてリニューアルされました。

1位 グランベリーパーク

南町田グランベリーパーク

109シネマズには日本に3つしかない4DX with ScreenXを導入。

60店舗だったアウトレットも約100店舗に。GHERARDINIは都内初のアウトレット・国内最大級、時計倉庫 TOKIA+は初のアウトレットです。

200店舗以上が集まる“超”がつく程、大型施設となった南町田グランベリーパーク。番組内でも言われていましたが、車道がなくなり安全かつ混雑時でも比較的歩きやすい通路幅が確保されているのでショッピングも快適に楽しめました。

グランベリーモールの面影は殆どないと言っていいほどリニューアルされ、1日あっても足りないほど見どころが満載のスポットです。

南町田グランベリーパーク 訪問レポ

アド街ック天国 おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

アド街ック天国「南町田」に登場したグルメやスポットまとめ