南町田スヌーピーミュージアム行ってきた!巨大スヌーピーに出会える可愛さ全開スポット

南町田スヌーピーミュージアムに行ってきた!巨大スヌーピーに出会ったりコミックに囲まれたり

南町田グランベリーパークに六本木から移転オープンした「スヌーピーミュージアム」が2019年12月14日(土)に開業。

入館はチケットに余裕があれば当日券の販売もあるとのことでしたが、確実に入りたかったので今回は前売り券を用意して遊びに行ってきました。

大きなスヌーピーが待っていたり、フォトスポットがあったり、コミックのエピソードに囲まれたり、買い物したりと見どころも多く楽しめたのでご紹介。

スヌーピーミュージアムについて

南町田グランベリーパークと同施設直結の鶴間公園の間に位置し、広さは移転前の六本木の約2倍の規模となった南町田の「スヌーピーミュージアム」。

スヌーピーミュージアム

ミュージアムは3階建ての構成で原作コミック「ピーナッツ」の貴重な原画をはじめ、作者チャールズ・シュルツ氏に関する展示、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどの展示を楽しめます。

スヌーピーミュージアム

一部エリアを除いて個人利用に限り写真撮影可能で会場に来ていたスヌーピーファンがかなり細かい部分まで撮っていたのが印象的でした。※フラッシュ撮影・三脚は不可

スヌーピーミュージアム 体験当日

開業からまだ数日ということもあり、平日でしたが前売り券を持っていてもエントランスは入館待ちの人で予想以上に大行列。

スヌーピーミュージアム エントランス

20分ほど待って、エレベーターでまず3階へ。

最初に現れたのは大きなスクリーンでプロジェクションマッピングを用いてスヌーピーとその仲間たちがお出迎えしてくれました。

スヌーピーミュージアム オープニングシアター

スヌーピーミュージアム オープニングシアター

オープニングシアターの先には作者チャールズ・シュルツ・ギャラリーがあり、その隣には360度来場者を囲むようにコミック「ピーナッツ」のスヌーピーや定番エピソードが並んでました。

スヌーピーミュージアム ギャラリー

スヌーピーミュージアム ギャラリー

スヌーピーにそこまで詳しくない私もこのギャラリー展示に到着すると世界観に浸り、各エピソードの前で立ち止まって読み込むほど内容充実。

スヌーピーミュージアム ギャラリー

壁面の中央に4コマ漫画の複製画、その4コマ漫画の上下には日曜版に掲載されたエピソードを展示。所々にあまり見る機会のないスヌーピーのグッズも展示されており、心が動かされました。

スヌーピーミュージアム スヌーピーグッズ

テラスにはグリーンでパターをするスヌーピーのオブジェとその後ろに数えきれないほどのスヌーピーたち。

スヌーピーミュージアム テラス

2階に移動すると大きなスヌーピーがお出迎え。スヌーピールームとして表情の異なる6体のスヌーピーと一緒に写真を撮ることもでき、とても良い記念を残せました。

スヌーピールーム

一番大きなスヌーピーは全長8メートルとかなり大きいので写真に全て納めようとすると、結構後ろに下がる必要があるほど大迫力!

他にもスイーっと滑るスヌーピーや仮装したスヌーピー、テディベアのふりしたスヌーピーなど普段あまり見かけないユニークなスヌーピーに出会えて面白かったです。

スヌーピールーム

スヌーピールーム

スヌーピールーム

スヌーピールーム

他にも同フロアには2020年6月28日(日)までの期間限定で開催中の企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!」や全面真っ黄色に染まった「ウッド・ストック・ルーム」の休憩室も用意。

スヌーピーミュージアム 特別展

ウッド・ストック・ルームにはソファに座りながら映像が見れたり、「ピーナッツ」などの絵本や関連書籍を手に取り眺められるようになってました。

ウッド・ストック・ルーム

ウッド・ストック・ルーム

スヌーピー好きはもちろん、私のようなスヌーピー初心者でもゆったりのんびりとスヌーピーの世界観に入り込めて楽しかったです。

階段を降りて、1階の受付で最初に乗ったエレベーターのすぐ横に併設されたショップへ。

ミュージアムショップ

ミュージアム入館時は入場制限で階段まで行列が続いており諦めてましたが、帰り際に運良く解消されすんなりとショップに入場。

定番のぬいぐるみをはじめ、Tシャツやタオル、お菓子、バッグ、マグカップ、キーホルダー、書籍など幅広く商品を揃えます。

私も「Snoopy Museum Tokyo」と印字されたスヌーピーを模したトミカとヨックモックのお菓子が入った限定デザイン缶、マグネット、紅茶が入ったスヌーピーデザインの巾着を購入。

ミュージアムショップで購入したスヌーピーグッズ

購入したスヌーピーグッズ 中身

商品を詰めてくれたショップバッグもスヌーピーのデザインで最初から最後まで、スヌーピーにたっぷりと癒される可愛いスポットでした。

スヌーピーミュージアム ショップバッグ

当日券の販売も行っているものの、確実に入館したい方は前売り券の用意が吉。前売り券は通常料金よりも200円ほどお得に買える点も魅力的です。

© Peanuts

スヌーピーミュージアム 施設概要

■ 所在地
東京都町田市鶴間3-1-1

■ 時間
10:00〜20:00(最終入館19:30)

■ 料金
前売り券 一般・大学生 1,800円、中学・高校生 800円、4歳~小学生 400円 / 当日券 一般・大学生 2,000円、中学・高校生 1,000円、4歳~小学生 600円

■ 休館日
会期中無休(12月31日は短縮営業、1月1日、2月18日は休館)

■ 公式サイト
https://snoopymuseum.tokyo/

南町田グランベリーパーク おすすめ関連情報

周辺スポット情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

南町田スヌーピーミュージアムに行ってきた!巨大スヌーピー、コミックエピソード溢れる