横浜ビールから新ブランド「缶生」誕生!どこでも気軽に生ビール

横浜ビールから新ブランド「缶生」誕生!どこでも気軽に生ビールを

横浜ビールは新ブランド「缶生ビール」を2022年6月20日(月)より展開し、順次出荷を開始します。

缶生は“サーバーが無くても楽しめる生ビール”をコンセプトに、無濾過・非加熱にて醸造家が工場で飲む味わいを、そのまま直送。

第一弾は上品で白ワインのような香りといわれるネルソンソーヴィン1種類のみを使用した「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」を販売。香りを最大限に活かすドライホッピングを採用します。

缶生ビール第一弾「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」について

樽ほど大きくない、瓶ほど重たくない「缶生ビール」。

気軽にどこでも生ビールの味わいを楽しんでもらいたい、ビールを楽しむきっかけを広げたいという想いから横浜ビールは、缶生のあるライフスタイル“缶生スタイル”を提案。

缶生ビール

第一弾の缶生ビールでは、魅惑的なホップの香りと軽快な飲み口で、これからの季節に何杯でも飲みたくなるようなビール「缶生 Deep Local-sesion IPA-」を発売します。

缶生ビール

缶生ビール

今回、商品開発にあっては飲食店・ビアバーにアンケートを実施し、最終候補に挙がった数種類のビールからビアスタイル(ビールの種類)をSNSを通じた一般投票によって決定。

深田醸造長は「ホップの香りを最大限に活かすドライホッピングを行い、通常数種類のホップを使用する所を『ネルソンソーヴィン』1種類のみで香りつけした」と話し、これは「横浜ビール」初の試みです。また「白ワインのような香りと例えられる、ネルソンソーヴィンというホップは上品で芯があり、唯一無二の魅力がある」とコメントしています。

缶生ビール第一弾「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」

缶生ビール第一弾「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」概要

■ 出荷日
2022年6月20日(月)〜
※各販売店に到着次第順次発売・販売開始時期に関しては発売日の通りではない
※限定1500本の販売

■ 希望小売価格
618円(税別)

■ 容量
350ml

■ ABV
4.5%

■ 取り扱い店舗〜工場直送〜(取り扱い店舗一部)
バナバサ ビール+ギャラリー、目白田中屋、未来酒店YOKOHAMA、2416MARKET、京成小岩クラフト酒店、KISSYO SELECT 西武東戸塚店、内田日和、KING PELICAN、CRAFT KITCHEN Mid.Ru、LANABeer、JINGLE、TSUBAKI食堂、VOYAGE、アポロカンパニー、ALLWell、ブラントンズSelected Craft Beers、Craftbeer Sloth House、B&W、そごう横浜店、横浜高島屋、東急たまプラーザ、日吉東急アベニュー本館1F東急フードショー和洋酒売場、京急百貨店上大岡、伊勢丹 新宿店、セブン-イレブン 横浜ハンマーヘッド店、セブンイレブン宮川町店、横浜ビール通販サイト(抽選販売)

おすすめ関連情報

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#