横浜うしみつの“焼肉”は新境地!和牛料理の衝撃的旨さとライブ感、最高のおもてなしに感涙

横浜うしみつの“焼肉”は完全新境地!和牛料理の神的旨さと最高のおもてなしに感涙

2021年9月、都内に出店している焼肉の「うしみつ」が横浜に初上陸(都外初出店)したことは当サイトでもお知らせしたとおり。

行こうにも希望の日時になかなか予約が取れず、ようやく、いや、ついに!サイトを日々見続けて予約成功!

美味しいお肉を食べたいという欲だけで当日を迎えると、これまでの焼肉とは“異次元レベルに違う旨さ”と、それをさらに引き立てる“おもてなしの高さ”に全員で感動しっぱなし。最高に幸せな時間を過ごせたのでご紹介です。

横浜うしみつについて

横浜駅西口から少し歩いた先に、隠れ家的にひっそりと構える「横浜うしみつ」。

横浜うしみつ 外観・入口

入口を見ても知らなければスルーしてしまいそうな雰囲気がワクワクさせてくれ、扉を開けると廊下が続き、各個室が並びます。上品な空間が広がっていました。

横浜うしみつ 店内の個室

個室といっても上や下が少し空いていたり、暖簾で外から見えないようにしているというのではなく、横浜うしみつでは完全に扉を閉められ、自分たちの時間を静かに過ごせたのも良かったです。

横浜うしみつ

扉を閉めても天井も高く部屋の色合いもアイボリー調で落ち着きがあり、窮屈さを感じさせない個室という空間に早々喜びを爆発。笑

焼かない焼肉の旨さに大感動

今回は食べログで事前予約したコース「開店記念特別コース」を注文。

扉を開けて店員さんが準備を始めたのは「和牛の雲丹ユッケドッグ淡雪塩」という料理。

和牛の雲丹ユッケドッグ淡雪塩

準備が終わると店員さんが目の前で海苔を軽く炙って和牛のユッケとウニを乗せて完成と思いきや、仕上げにはトリュフのようにも見える“淡雪塩”をふりかけていよいよ完成!

和牛の雲丹ユッケドッグ淡雪塩

お肉のお店なのに、ウニすらも物凄く甘く濃厚、苦味は全くなく、それに負けないお肉の凝縮した旨味!一品目からエンジン全開で攻めてくるあまりの美味さに全員で恥を忍んで「おいしい!やばい!なにこれ!」の繰り返し(笑)

和牛の雲丹ユッケドッグ淡雪塩

2品目は本日の厳選霜降り「溶けるユッケ」の登場。こちらの料理も仕上げはもちろん目の前で。

溶けるユッケ

口にした瞬間、とろけるなめらかな食感に再び全員で大興奮。甘さとコクがやみつきのオリジナルソースも絡めてシソもいいアクセント!これまでのユッケの概念を凌駕する天才的な料理で、表現として正しいかはわからないけれど最高級ローストビーフの上位互換(語彙力笑)。

溶けるユッケ

これまでに体験したこのない美味しさとライブ感が破壊力抜群で、次の料理が運ばれてくるまでの時間すらも有意義に。美味しい余韻に浸りながら終始幸せな気持ちで待っていられます。

和牛料理2品目のあとは「聖護院かぶのすりながし」。やさしい味付けと素材の味、ほんのりとした温かさがお腹に嬉しく、お肉以外の料理も神がかりに絶品。

聖護院かぶのすりながし

次はいよいよ網を使って楽しむ「塩焼物」です。

もちろん全て店員さんが一枚ずつ丁寧に焼いてくださるのでベストな状態で口まで運べる、まさに“至れり尽くせり焼肉”。

塩焼物

タンはプリッとした食感で美味。厚さからは想像できない意外な歯応えと濃厚な旨味。これだけでも十分美味しいのに、三つ葉とふかひれを組み合わせるというシェフの発想に感動再び。

タン

ミスジは炙って仕上げに“ウニバター”をトッピング。

塩焼物 ウニバターを乗せたミスジ

炙ったので香ばしく、バターのコク、お肉の超がつくほどとろける柔らかさとジューシーな肉汁がジュワッと。旨味も濃くどれも美味しいけど塩焼物のなかで一番ハマった逸品です。

塩焼物 ウニバターを乗せたミスジ

最後はリブ。お肉にしいたけ出汁を塗るという一手間も惜しまない提供スタイルにはもう脱帽、かつお醤油での味の変化も楽しめる粋な食べ方を用意します。食べてみないと全く想像できない味の連発で終始楽しすぎ。

リブ

塩焼物が終わると「けんしろう焼き」へ!

けんしろう焼き

蓋を開けた瞬間に、煙と一緒に燻製の良い香りが部屋に広がり、低音調理の概念を一気に崩しにかかってきた、この日満場一致で衝撃と感動が走った和牛料理です。

低温調理でこんなにも分厚さがあるのに極上に柔らかく、とける柔らかさとはまた違う格別な食感。この世にこんな美味しい食べ方があるのかと、旨味がとにかく濃く、口に接しているだけでも美味しく感じる神的料理。

けんしろう焼き

トリュフ塩の中にはトリュフの香りが強いものもあるけれど、同店ではまさにトリュフと塩を食べているような絶妙な味で、口の中に旨味が滞在する凄さすらありました。絶品of絶品。

けんしろう焼き

そして箸休めにテールスープと続くのですが、提供の仕方がもう…!こんなにも上品にテールスープを出されたのは初めてだったので、お店の方々に頭があがりませんよ。。

テールスープ

もちろんパフォーマンスが凄いだけでなく、臭みも全くなく温かさもちょうど良く、和牛料理だけでなくスープまで本当に美味しく、お腹いっぱいにならない量も絶妙でした。

テールスープ

料理は後半に入って「ヒレ肉のブリオッシュカツサンド」からスタート。

ヒレ肉のブリオッシュカツサンド

バターの風味広がるブリオッシュはバターの甘味は主張せず、パン自体がまず120%美味。お肉は低温調理なのかしっとり柔らかく、脂身も控えめで食べやすく、ガツンとした料理を少量挟めたのが最高。

ヒレ肉のブリオッシュカツサンド

再び網焼きの料理に戻ってタレ焼物として「サーロイン」と「ザブトン」を店員さんに焼いていただき豪快に堪能。

タレ焼物

私の知っている脂が多いイメージのサーロインとは別世界のもので、脂が甘く上品、口に入れるととろける柔らかさも感動レベルの美味しさ。

タレ焼物

柑橘系のさっぱりとした香りの自家製白醤油を使って味の違いも楽しめ、ザブトンも柔らかく濃厚。最後にザ・焼肉というスタイルも満喫でき、期待以上のボリュームある内容に大満足です。

タレ焼物

まだまだ続く横浜うしみつ劇場。

食事メニューに横浜限定「パエリア」の登場です!

パエリア

パエリアにはとろんとした食感のシビレやユッケをあわせ、カレーの良い香りも広がる少し変わったパエリアが新鮮で楽しく、パクチーの香りをアクセントに楽しめました(パクチーなしも可)。ここでしか食べられない特別感がたまりません。

パエリア

お肉料理が桁違いに美味しかったので大満足していると、〆のデザートとご対面して再び心がときめく始めました。

〆のデザート

ジャージー牛乳のアイスクリームに栗のクリームをトッピング、仕上げに安納芋のソースをかけるお洒落で凝ったデザート。

アイス自体上品でスッキリ美味しく、安納芋ソース・栗クリームは甘さ控えめ、素材の味わいを濃厚に感じ、〆まで手を抜かない完璧なコース料理に本当に本当に大満足でした。

〆のデザート

最初から最後まで丁寧で心温まるやさしい口調で接客してくれ、料理の説明もわかりやすく、マスク越しでもわかる笑顔など、あげたらキリがないほど店員さんのホスピタリティも高く、料理がただ美味しいだけでなくそのさらにワンランク上の時間を過ごせました。

横浜うしみつ

焼肉の新世界が垣間見れる、一生の思い出となる素敵なお店。季節によって一部内容が変わるので全員思っていたのは「季節を変えてまた食べに来よう!」でした。

大切な日やご褒美にぜひ、本当に冗談抜きでおすすめです。横浜出店に深謝。

横浜うしみつ 店舗概要

■ 所在地
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-8-1 ALPS横浜ビル1階

■ 営業時間
月~土 17:00~24:00

■ 定休日
日曜日

■ コース料理
11,000円・税込〜(今回予約したコースは「開店記念特別コース15,000円・税込」)

■ WEB・予約
公式 / 食べログ

横浜駅・焼肉 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント