二代目横浜駅 基礎等遺構

  • 横浜駅

二代目横浜駅 基礎等遺構

二代目横浜駅は大正4年8月15日に開業し、大正12年9月1日の関東大震災により消失。

二代目横浜駅 基礎等遺構

わずか8年という短命のため幻の駅とも言われています。この遺構は駅舎の基礎部分にあたり、また横浜共同電燈会社裏高島発電所の第二海水引入口の遺構もあるため、2つの歴史的貴重な遺構が重なる珍しい遺構です。

二代目横浜駅 基礎等遺構

地図で位置を確認するとマンションの敷地のようにも見えるけれど、公開場所は横浜市市街地環境設計制度に基づく建築物の許可条件として設置されているもののため、誰でも自由に通行可能です。

二代目横浜駅 基礎等遺構

二代目横浜駅 基礎等遺構 スポット概要

施設名 二代目横浜駅 基礎等遺構
フリガナ ニダイメヨコハマエキ
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-1-1
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」徒歩2分
営業時間 不明
料金 見学無料
定休日 -
電話番号 -
駐車場 なし
URL なし

※掲載情報・写真は最新のものとは限りません。事前確認の上、ご利用ください。