横浜スタジアム「レフトウィング席」お披露目!横浜DeNAベイスターズ本拠地改修完了

横浜スタジアム「レフトウィング席」お披露目!横浜DeNAベイスターズの本拠地改修完了

2017年11月から3年がかりで大規模改修を行ってきた横浜DeNAベイスターズの本拠地「横浜スタジアム」。

2020年2月に最後の改修を終え、完成した姿が報道陣にお披露目されたのでご紹介します。

ハマスタ史上最多34,000人収容に

2019年のライト側に続き、増設された「レフトウィング席」。

レフトウィング席

約2,800席増えたことで、横浜スタジアム史上最多となる、34,046人を収容できるようになりました。

レフトウィング席

レフトウィング席

最上部の高さは31メートル。

レフトウィング席

傾斜はかなり急なので、上り下りの際は注意が必要です。上から見下ろすと恐怖を感じます。

レフトウィング席

座席との間隔は、ライトウィング席同様、広めにとられていました。

レフトウィング席

最安席種となる「ウィング立ち見」は1,200円~

ウィング立ち見エリアも設けられており、料金は大人1,200円~2,400円(試合により5パターンに変動するフレックスプライス制)。

ウィング立ち見エリア

最安の席種となりますので、気軽に試合観戦やハマスタグルメが楽しめます。

また3月23日(月)に開催された12球団代表者会議において、4月24日(金)にプロ野球の開幕を目指すことが決まりました。

横浜スタジアム

横浜DeNAベイスターズにおいても「今後関係各所と連携を取り準備を進めてまいります」とのこと。

横浜スタジアム外周を1周できる「Yデッキ」から見たレフトウィング席
Yデッキから見たレフトウィング席

新しくなった横浜スタジアムで試合が見られる日が待ち遠しいです。またレフト側スタンド3階に新店舗「濱星樓(はますたろう)」もオープンします。

横浜スタジアム おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜スタジアム「レフトウィング席」お披露目!横浜DeNAベイスターズの本拠地改修完了