横浜スタジアム外周1周できるように「Yデッキ」拡張!非試合日は公園内通路として通行可

横浜スタジアム外周1周できるように「Yデッキ」拡張!非試合日は公園内通路として通行可

横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムは、『コミュニティボールパーク』化構想に基づき、2020年改修第三弾として、2017年3月より運用開始した内野外周(横浜公園内人工地盤エリア)エリアである「Yデッキ」を横浜スタジアム外周を1周できるように拡張すると発表。

全長は600メートルで2020年3月24日(火)の公式戦より運用を開始します。

来場者の回遊性向上・場内コンコースの混雑緩和を目的に、増築・改修工事で新たに整備した回遊デッキを試合開催日のみ場内と位置づけ、名称はそのまま「Yデッキ」とし運用。

※訂正(2020年3月2日 18:35):発表時の内容に訂正が入ったため、運用日を修正いたしました。本記事は修正対応済みです。

横浜スタジアム「Yデッキ」拡張

2018年に比べ2倍超の長さとなる、全長600メートルとなった「Yデッキ」。

地上6メートルの高さから、いつもと少し違う視点で、街や公園の景色を楽しめるほか、「Yデッキ」内の外野スタンド位置には、横浜スタジアムを眺められるフォトスポット「DREAM GATE STAND」を新設します。

横浜スタジアム外周にあたる人工地盤エリアを試合日に限り横浜スタジアム場内扱いとすることで、試合観戦に来場されたお客様専用エリアが拡大し、回遊性の向上、混雑の緩和を実現し、快適性向上を図ります。

非試合日においては、誰でも利用可能な横浜公園内通路として、交流空間を創出し、公園内の機能向上に寄与していきたいと説明。

横浜スタジアム 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜スタジアム外周1周できるように「Yデッキ」拡張!非試合日は公園内通路として通行可