横浜市防災情報Eメール登録してみた!ヤフーの防災速報アプリも長期愛用

横浜市防災情報Eメール登録してみた!ヤフーの防災速報アプリも長期愛用

台風15号(2019年)が横浜を襲った際、横浜市のホームページに防災情報を見に行くもアクセス集中で見られないことがあったので、備えあれば憂いなしの気持ちで「横浜市防災情報Eメール」を登録(無料)してみました。

Eメールでは地震震度情報、気象警報・注意報等を始めとする様々な防災情報を発信(選択可)。

大型台風が横浜にも大きな爪痕を残し、防災意識が高い今だからこそ、気になる方・知らなかった方はこの機会に登録してみては。

以下、私が登録した際の簡単な流れ。設定変更の方法について触れておきます。私自身が長期愛用しているスマホアプリ「Yahoo!防災速報」も使いやすいので最後にあわせて紹介。

横浜市防災情報Eメール

登録は数分程度の作業で非常に簡単。

横浜市の「横浜市防災情報Eメール」のページにアクセスし、ページ内に掲載されているメールアドレス宛に空メールを登録用のアドレスで送信します。

1-2分後に自動メールでURLが送られてくるのでクリックし、該当地域と必要な防災情報を選択して登録完了です。

横浜市防災情報Eメール

登録地域は特定の区域だけでなく、横浜市全域を選ぶことも可。防災情報の種類もかなり豊富に揃っていました。※以下執筆時のもの参考まで

1.横浜市からの緊急なお知らせ(避難勧告、PM2.5高濃度予報、国民保護計画関連情報など)

2.震度情報、津波警報・注意報、南海トラフ地震に関連する情報(臨時)

3.大雨特別警報・警報・注意報等、河川水位情報、雨量情報、豪雨お知らせ情報、土砂災害警戒情報

4.天気予報、竜巻注意情報、光化学スモッグ情報、高温注意情報、熱中症予防情報(6月~9月)など

横浜市防災情報Eメール

届いたメールアドレスに記載されているURLは今後の変更・削除に必要となるので削除せず保存、または記録しておくことを忘れずに。

※登録・情報の配信は無料。通信に要する費用(パケット料金等)は利用者負担です。

Yahoo!防災速報

私自身数年前から利用しているiPhoneアプリ「Yahoo!防災速報」も災害が起こる前に、登録した地域の地震・豪雨・津波などの情報をプッシュ通知でお知らせしてくれて使いやすいです。※Androidアプリは使ったことがなく使用感不明のためここでは割愛 ※メールもあり

Yahoo!防災速報

激しい雨、非常に激しい雨など雨量を添えて事前に通知(時々降らないこともあるけど結構本当に降る)、気象庁発表の土砂災害や河川洪水のレベル、横浜市発表の警戒レベル・避難勧告命令対象の区域などを通知で教えてくれます。

災害情報はいずれも選択可能。興味関心のある方はお試しあれ。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜市防災情報Eメール登録してみた!ヤフーの防災速報アプリも長期愛用