横浜市のハザードマップ浸水・高潮・土砂まとめ

万が一に備えて、横浜市のハザードマップ浸水・高潮・土砂まとめ

大型の台風が関東直撃、関東に大きな影響を及ぼすと事前に予報されている際、心に余裕があるうちに一度目を通しておきたいのが度々耳にする「ハザードマップ」の存在です。

万が一の際には、大勢の方がサイトを訪れ、アクセス集中により必要なときにWEBページが開かない・見られないという事態もあり得るので対象地域の情報をただ見るだけでなくiPhone、Android、タブレット等に事前にダウンロードしておくのも良いかもしれません。

横浜市が公開している各ハザードマップをまとめてみたので、何だかんだ一度も見たことない方はご参考ください。

横浜市 各ハザードマップ

大雨による浸水(内水・洪水)
ハザードマップは浸水が想定される区域や浸水する深さなどの情報がまとまっているマップです。

内水(ないすい):マンホールなどの下水道から水があふれること
洪水:河川の水が堤防を超えること・堤防が決壊による河川の水があふれること

■ 横浜市の「内水ハザードマップ
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/kasen-gesuido/gesuido/bousai/naisuihm.html

■ 横浜市の「洪水ハザードマップ
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/map/flood-hmap.html

また「高潮」による浸水を示しているハザードマップもあります。これは想定し得る最大規模の高潮による氾濫が発生した場合に浸水が想定される区域を示します。

高潮浸水想定区域
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/map/takashio_shinsui.html

高潮の影響・恐ろしさについては「tenki.jp」のこちらの記事が大変詳しく、またわかりやすかったです。

近所の川の水位を調べる方法は知っていますか!?
スマホやパソコンから近所の川の水位を調べることができるので、大雨や台風で川の水位が気になる方はぜひ参考に。

備えは台風の時だけでなく、大雨による“土砂”の影響も住んでいる地域によっては警戒を!自分の家や実家が土砂災害の影響がないか事前に知っておきましょう。

土砂災害ハザードマップ
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/gake/hmap.html

また、台風とは直接関係はありませんが同じ災害として地震で起こりうる、「津波」による影響も横浜市のホームページでは公開されているので併せて以下にリンクを掲載しておきます。

津波
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/map/tsunami/tsunami.html

ダウンロードしたハザードマップは今後アップデートされる可能性があるので時々最新バージョンに上書きすることもお忘れなく。なお、冒頭画像はイメージです。

浸水や大雨の状況を知る方法

浸水や大雨の状況をなるべく早く知るにはアプリを入れたり(←ダウンロードして地域設定するだけなので簡単)、メール登録するのが本当におすすめです。私はいざという時のために両方登録しています。

スマホアプリ「Windy」も台風予測をビジュアルで分かりやすくチェックできて個人的におすすめです。メニューで風や雨の表示切り替えも可。ダウンロード(iPhone / Android

Windyアプリ画面
iPhoneアプリ「Windy」画面

災害対策・防災に関する記事

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント