横浜・根岸森林公園で“梅”のお花見したら充実!園内散策とセットの春時間

横浜・根岸森林公園で“梅”のお花見したら完全春!園内散歩とセットで充実の癒し時間

3月に入って暖かい日が続き、桜が満開を迎える前に一足早く春を感じようと新たな試みとして梅のお花見を楽しんでみました。

今回訪れたのは数年前に熱中していたポケモンGO以来、人生数回目となる根岸森林公園

同公園の“梅林”は想像以上に美しく、春を存分に堪能しながら散策を楽しめたのでご紹介です。

根岸森林公園「梅」について

横浜市中区にある根岸森林公園

根岸森林公園

駅でいうと根岸線「山手駅」が最寄駅にあたり、週末は満車になりがちですが駐車場100台×2箇所(有料)を完備した公園です。

根岸森林公園の梅は広大な園内の一箇所に集中しているので、見応え抜群で梅の木々に囲まれながらお花見を楽しめました。

根岸森林公園「梅」お花見

正門から芝生広場に抜けると遠くからでも梅の位置が確認できたボリューム感漂う梅林

根岸森林公園 梅林

梅林はとても綺麗に整備され、左右見渡しながら梅の香りをほんのりと感じながらお花見できます。

根岸森林公園 梅林

白色の梅を中心にピンク色や濃いピンク色の梅まで、色やかたちの違う梅が綺麗に咲き並んでいました。

根岸森林公園 梅林

根岸森林公園 梅林

風もなく穏やかな陽気と梅とのコントラストをより一層強く感じられる快晴。自然の中でたっぷりと春を満喫できる梅スポットです。

根岸森林公園 梅林

根岸森林公園 梅林

梅林には枝垂れ桜ならぬ枝垂れ梅も発見。

根岸森林公園 梅林 枝垂れ梅

当日見た梅の中でも特に目を惹いた存在で、あらゆる角度から眺めていたくなる素晴らしく綺麗な梅でした。

根岸森林公園 梅林 枝垂れ梅

人も少なく静かにのんびりゆったりと梅を愛で、遠く離れて梅の木々が創り出す光景を眺めたり、梅の近くの近くに視点を移して梅の違いに気づいたりと春ならではの楽しい時間です。

根岸森林公園 梅林

梅の他にも「ミツマタ」という植物も見かけるなど、日頃の運動不足を解消しながら自分の足で春を見つけながら五感をリフレッシュ。

ミツマタ

根岸森林公園 園内散策

梅林を堪能したあとは広い園内も散策。

根岸森林公園

自然豊かで広々とした公園の中を芝生や整備された遊歩道を通じて歩き回れ、途中の池では鴨やカメなど生きものにも出会えました。

根岸森林公園の池

根岸森林公園の池 鴨

根岸森林公園の池 カメ

森では「ムクドリ」「セキレイ」などの野鳥も歩きまわり、のどかな風景に癒されます。

根岸森林公園で見つけた鳥

根岸森林公園で見つけたセキレイ

森を抜けると少し変わった建物「根岸競馬場跡地(旧一等馬見所)」や「見晴らし台」などの広場もありました。

根岸競馬場跡地(旧一等馬見所)

旧一等馬見所については同じ敷地内にある、「根岸競馬記念公苑・馬の博物館」でより一層詳しく学べるので時間に余裕のある方はセットでぜひ見学を。

根岸競馬記念公苑・馬の博物館

隣接のポニーセンターでは本物の馬が飼育され、タイミングが良ければ馬の様子を間近で見たり、馬へのニンジン餌やり体験などもできます。

ポニーセンター

根岸競馬記念公苑・馬の博物館の近くには横浜では見られる場所が少ない河津桜も咲き、一足早く桜も間近で楽しめました。

根岸競馬記念公苑・馬の博物館の河津桜

根岸森林公園には“梅のお花見”を目的に訪れましたが、それ以上に充実した時間を過ごせ、見て歩いて多くの見どころに当日気づくという喜び溢れる時間に。屋外で春を満喫しながらのんびりと過ごしたい方はぜひ。

根岸森林公園 概要

■ 所在地
神奈川県横浜市中区根岸台

■ 時間
24時間

■ 駐車場
第一駐車場:100台 / 第二駐車場:100台(平日:2時間まで300円 以降50円/20分、土・日・祝:2時間まで400円 以降100円/30分)

<関連記事>

横浜の公園いろいろ情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#