神奈川大学みなとみらいキャンパスお披露目!レストランやカフェなど一般開放エリアも

神奈川大学みなとみらいキャンパスお披露目!レストランやカフェなど一般開放エリアも

2021年4月にみなとみらい21地区に初めての総合大学キャンパス「神奈川大学」が誕生します。

オープンに先駆け、キャンパス内の一部が関係者向けにお披露目されました。

一般利用可能なエリア(状況を見ながら開放時期は検討)やキャンパスの特徴などを中心に、いろいろと現地でチェックしてきたのでご紹介。

神奈川大学 みなとみらいキャンパスについて

神奈川大学は“「国際・日本」の融合した未来「創造・交流」キャンパス”をコンセプトとして横浜みなとみらいに2021年4月誕生。

神奈川大学みなとみらいキャンパス

神奈川大学みなとみらいキャンパス

経営学部・外国語学部・国際日本学部のグローバル系3学部を設け、約5,000人の学生が学びます。

グローバルな企業や先進的な施設、文化施設が集まる横浜みなとみらい。歴史や文化、グローバルな雰囲気を肌で感じながら街全体を1つの大きなキャンパスと捉えて学びの場を展開します。

神奈川大学みなとみらいキャンパス

みなとみらいキャンパスは地下1階・21階建て・高さ約100メートルの建物。都市型キャンパスという限られた敷地の中で学生たちが過ごす時間の充実を図るため、前面に広場を設け、広場の上にはブリッジ、何層にもなるテラス、屋上庭園と学生の居場所を階段で結ぶ立体的なキャンパスとなっています。

神奈川大学みなとみらいキャンパス 広場

神奈川大学みなとみらいキャンパス テラスやブリッジ

神奈川大学みなとみらいキャンパス テラスやブリッジ

キャンパスは学生の学びの場であることはもちろん、学生・教員・オフィスワーカー・外国人・近隣住民等、人が集い知が交流し、新たな価値やイノベーションを創出する拠点を目指します。

1階から3階までは学生・教職員だけでなく地域・社会に開かれたフロアです。1階には多くの方が交流できる空間・ソーシャルコモンズやシンポジウムや学会を行う記念ホール、後述の図書館の蔵書の一部も取り揃えます。

1階

1階

また旅行代理店の旅工房と連携し、観光情報の発信や観光イベントの実施などを行う観光ラウンジや一般の方も利用可能なラボも展開。

神奈川大学みなとみらいキャンパス 1階 ラボ

ラボ内には3Dプリンター等のデジタル・ファブリケーション機材も設置され、体験教室やワークショップ等のイベントも開催するそうです。

1階には一般の方も利用可能なカフェとレストランも配置し、学生はもちろん地域の方々も憩いの場として活用できます。

カフェは前回ご紹介した「ノースリンクコーヒー&ティー」、レストランは世界のビールを提供することから世界を見て回るという想いを表現した「ザ ボヤージュ」が入居します。

レストランでは、GLOBALとLOCALを掛け合わせたGLOCALをテーマに地産地消の食品や世界の文化を楽しめるそうです。※2021年夏オープン予定

また1階の吹き抜け空間からは2階と3階の図書館まで立体的に繋がっており、20万冊の蔵書のうち最大5,000冊の書籍等を1階に配置。図書館は吹き抜けの階段で繋がっているためスムーズな移動が可能です。※5月中旬以降一般開放予定(詳細は公式サイトにて発表)

1階の図書館に続く階段

みなとみらい図書館

みなとみらい図書館

みなとみらい図書館

図書館内の窓際に数多くのひとり席(電源完備・各席ライト設置)、その他にもさまざまな用途に対応できるようボックス席やソファ席、移動可能なホワイトボードなどを配置します。

みなとみらい図書館 窓側の席

みなとみらい図書館

みなとみらい図書館

みなとみらい図書館

最上階21階の「トップラウンジ(カフェテリア)」は西に富士山、東にスカイツリーを望める学生たちの憩いの場です。

トップラウンジ(カフェテリア)

トップラウンジ(カフェテリア)

トップラウンジ(カフェテリア)

ゆったりと寛ぎながら食事や会話を楽しめる空間となっており、同フロアには国内外の料理を作って学生同士が交流できる「アクティブキッチン」も配置します。

アクティブキッチン

7階に設ける「学生ラウンジ(学食)」では、お値段を抑えた学生に嬉しいメニューを用意。

学生ラウンジ

屋内席の他に、同フロアからテラスに出て外で食べたり話したりすることもでき、6階のテラスとも階段で繋がっているので一体的な利用ができるのが特徴です。

学生ラウンジ 屋内席

学生ラウンジ テラス

学生ラウンジ テラス

この辺りについても近隣のオフィスワーカーさんからの期待の声も受けて今後状況を見ながら特定時間のみ一時的に開放するなども検討したいと伺ったのでいつか実現できたら嬉しいですね。

4階から9階までは講義室を配置。

講義室

各フロアにはラーニングコモンズとして学生が自由にいつでも学びやすい空間を設け、図書館の資料を配架し、学びの近くに資料があるキャンパスを実現します。

ラーニングコモンズ

10階は学部・学科の垣根なく交流できる専任教員専用の1フロアのラウンジを配置し、用途にあわせて選択できるように個室やボックス席、カウンター席を揃えます。

教職員専用フロア

12階から20階までは研究室と演習室を配置。3フロア1ユニットとして各フロアを繋ぐ大きな階段「プレゼンフィールド」はゼミの発表の場として活用でき、学生と教員の繋がりを深める工夫がされていました。

研究室と演習室

また演習室は閉鎖感が生まれないようにガラス張りを採用し、フロアには各学部・学科に関する書籍も揃えます。

演習室

内覧会ではキャンパスの一部がツアー形式でお披露目され、学生の多様な学習に対応したさまざまな工夫を肌で感じることができました。地域や社会に開かれた新たな交流拠点の誕生により、大学内でのイノベーションはもちろん地域全体のさらなる発展にも期待したいと思います。

なお、一般開放可能なエリアについては5月中旬を目途に1階ラーニングコモンズ、2階と3階の図書館の利用開始を目標としています。コロナ禍の状況などにより変更となる可能性もあるため、詳細については改めてホームページにて発表。

神奈川大学 みなとみらいキャンパス 概要

■ 所在地
横浜市中区みなとみらい4-5-3

■ 階数
地上21階・地下1階・高さ99.90m

神奈川大学は今年3月に学生や地域の方々との新たなコミュニケーション拠点として、横浜キャンパスの最寄駅「白楽駅」にタリーズコーヒーと東急電鉄とのコラボカフェを開業しました。

神奈川大学 おすすめ周辺情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント