横浜駅にロボバリスタ「Ella(エラ)」活用した無人のコーヒースタンド

横浜駅にロボバリスタ「Ella」導入!無人のコーヒースタンド

JR東日本は、シンガポールのスタートアップCrown Technologies Holdingと連携してロボバリスタ「Ella(エラ)」を活用した無人化・省人化による新たなコーヒーサービスの実装に向け、横浜駅と東京駅にてテストマーケティングを12月より開始します。

ロボバリスタ「Ella」はCrown社が開発したバリスタが行う一連の作業を無人化したテクノロジー。

狭小スペースでコーヒーサービスを可能とするロボバリスタの導入により、カフェや待合室、券売機跡地など駅施設の配置や機能を見直し、限られた駅構内のスペースを有効活用することを目指します。

ロボバリスタ「Ella(エラ)」について

ロボバリスタ「Ella(エラ)」のオーダー方式はモバイルオーダーとタッチオーダーの2種類。

モバイルオーダーはクレジットカード決済で待ち時間なしで受け取り可能です。タッチオーダーは交通系IC決済でタッチパネルからオーダーするとロボットアームが作動して、その動きに応じた色鮮やかなLEDライトの演出で上質なコーヒーを提供します。

ロボバリスタ「Ella(エラ)」

Ellaは1時間あたり約200杯の提供が可能。コーヒーはもちろんチョコレートドリンクなど200通り以上の組み合わせを楽しめ、カスタマイズされた“お気に入り”の登録も可能です。

ロボバリスタ「Ella(エラ)」の特徴

洗練されたデザインや温かみのあるUI、コーヒーを待つ時間を楽しめるなどの新感覚のUXにより、エキナカのコーヒーサービス向上を目指します。

テストマーケティング終了後は、ロイヤルカスタマー向けサービスとして、AI分析を使ってカスタマイズしたお好みコーヒーサービスを提供予定。JREパスポートの本格導入時にコーヒーサブスクリプションサービスとして提供するなど、より便利に、より手軽に利用できるよう更なるサービスの実現に向け、Crown社と日本法人の立ち上げを予定しています。

※テストマーケティングの詳細については確定次第お知らせ

JREパスポート

横浜駅 おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント