横浜赤レンガ「フラワーガーデン2019」開催中!港そばに春の庭園や花のドリンク

横浜赤レンガ「フラワーガーデン2019」開催中!港そばに春の庭園や花のドリンク

横浜赤レンガ倉庫で横浜の春の風物詩「フラワーガーデン2019」が本日(3月29日)より開催。

今年で13回目を迎える本イベントは、開港160周年を迎える横浜港と緑を一体的に楽しめる“港の見えるフラワーガーデン”がテーマ。

色鮮やかな花々や動物をモチーフにした17体の「トピアリー」が設置された庭園を散策できるほか、港を背景にシンボルツリーやマーガレットの丘の景観も楽しめます。

みんな大好き、ガーデンベアも庭園内で発見しました。

フラワーガーデン2019について

横浜赤レンガ倉庫で4月21日(日)まで開催中の「フラワーガーデン2019」は、4つのエリアに草花が咲き並び、庭園を散策する気分で春を満喫できる入場無料のイベントです。

フラワーガーデン2019

エントランスには春らしいカラーを基調としたハート型のフラワーアーチが登場。その先には横浜港に向かってまっすぐ伸びた庭園が両サイドに広がり、草花を眺めながら散策を楽しめます。

フラワーガーデン2019

フラワーガーデン

庭園内には横浜赤レンガ倉庫の開館17周年に合わせて動物をモチーフにしたトピアリーも17体設け、より可愛いらしく仕上がっていました。

フラワーガーデン2019

フラワーガーデン2019

ガーデンネックレス横浜のシンボルキャラクターで人気の「ガーデンベア」も遊びに来ているのでファンの方は要チェックです。

ガーデンベア

会場の海側では、高さ7メートルのシンボルツリーとピンクのマーガレットで作る「マーガレットの丘」を港を背景に一緒に楽しめる、ここだけでしか見られない景観が広がります。

シンボルツリー

マーガレットの丘

また会場内には昨年に続き、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」が出店。

HANABAR

HANABAR メニュー

食べられる花「エディブルフラワー」を使ったフードやドリンクメニューを提供しているので、ドリンク片手に庭園内を歩いたり、室内から会場に広がる花々を眺めつつ食事を楽しむことができます。

お花のクッキー1袋
お花のクッキー1袋(400円)
HANABAR ドリンク
左からアンチャンティー、
ポップンピーチ、オプティミスト(各700円)
レアチーズの薔薇ジャムソースがけ(500円)
レアチーズの薔薇ジャムソースがけ(500円)
花満開!HANABARセット(2,000円)
花満開!HANABARセット(2,000円)

その他、イベント期間中は毎週土日に花苗・多肉植物など約30種類の販売(※雨天中止)や館内キャンペーンにて花柄や春色を取り入れた春商品や春の食材を使用した春メニューの販売なども行われます。

フラワーガーデン2019 開催概要

■ 期間
2019年3⽉29⽇(金)〜4⽉21⽇(日)計24⽇間
ライトアップ 18:00〜23:00

■ 場所
横浜⾚レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク

■ 植栽
マーガレット、デイジー、ネメシア、ラナンキュラス、ラベンダーなど約8,000株の花木を使用予定

■ 入場料
無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途)

横浜赤レンガ倉庫 今後開催イベント情報

横浜赤レンガ倉庫 おすすめグルメ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜赤レンガ「フラワーガーデン2019」開催中!港そばに春の庭園や花のドリンク