bills(ビルズ)横浜赤レンガ倉庫は横浜限定パンケーキあり!一休経由の予約が良かった

bills(ビルズ)横浜赤レンガ倉庫は横浜限定パンケーキあり!一休経由の予約が良かった

近年、横浜エリアがパンケーキ激戦区になっていることもあり今回は横浜赤レンガ倉庫にあるパンケーキ店「bills(ビルズ)」に行ってきました。

ビルズと言えば海沿いにある「七里ヶ浜店」でパンケーキを食べたことはあるものの、実は横浜赤レンガ倉庫店の利用は初めて。

横浜赤レンガ倉庫には日本だけでなく世界でも食べることのできない店舗限定パンケーキもあり、代名詞とも言えるリコッタパンケーキとは異なる味を体験できたのでご紹介します。

ビルズ 横浜赤レンガ倉庫について

ビルズ 横浜赤レンガ倉庫 入り口

横浜赤レンガ倉庫 2号館の奥(港側)にお店を構えているビルズ。室内席と外の見えるテラス席があり、今回は予約をしてテラス席でいただきました。

公式サイトでは15時以降の予約しか受け付けていないところ、一休.comを経由すると11時からの予約枠が設けてあり、お昼の時間でもスムーズに入店できました。

テラス席は全面ガラス張りで天気が良いと日当たりも抜群。海も窓越しから少し見え外から見ていた以上に素敵な空間でした。

ビルズ 横浜赤レンガ倉庫 テラス席

ただ、席数と引き換えに他のパンケーキ店と比較すると隣の席との距離が近く圧迫感があり、窮屈にも感じられたのが残念…。

横浜赤レンガ倉庫限定 ベリーベリーパンケーキ

ベリーベリーパンケーキ

今回、私が注文したのは他では食べられない・横浜赤レンガ倉庫限定の「ベリーベリーパンケーキ(1,500円)」です。

メニューには限定の文字は書かれていませんでしたが、お店の方に確認して今でも提供しているのは横浜赤レンガ倉庫のみと伺いました。

ビルズの代名詞とも言える、「リコッタパンケーキ(1,500円)」と比べると生地が全然違うのが写真からも分かると思います。

リコッタパンケーキ
リコッタパンケーキ(七里ヶ浜店で過去撮影)

ベリーベリーパンケーキの生地は全粒粉で作られていて生地の中にベリーの果肉が練りこまれ、パンケーキの上には「ベリーバター」が添えてあります。

ベリーバター

全粒粉を使用しているのに思っていたよりも硬くなくて驚きました。生地は柔らかめで、ねっとり食感タイプ。

以前ご紹介した「シナモンズ」のパンケーキより柔らかい印象を受けました。

全粒粉を使用しているので、幸せのパンケーキフリッパーズのようなトロッとフワッとした食感を求めている人が知らないで頼むとその違い驚くと思いますのでご注意ください。

もしそうしたタイプのパンケーキを食べたい方は限定に惹かれず「リコッタパンケーキ」の方を頼んでみてください。人気パンケーキの味を体験できますし、個人的にもリコッタパンケーキの方が好みでした。

複数人で訪れる方はそれぞれ異なるパンケーキを頼んでシェアして食べ比べも良さそうです。

さいごに

ビルズ 横浜赤レンガ倉庫 外観
ビルズ 横浜赤レンガ倉庫 外観

色々な種類のパンケーキが集結している横浜エリア。全粒粉を使用したパンケーキを提供しているお店はそう多くはないのでご興味のある方は食べに出かけてみてはいかがでしょうか!?

ちなみに「七里ヶ浜店」はこのようなお店に海が一望でき、素敵な眺めとともにパンケーキや食事をいただけます。参考まで。

ビルズ 七里ヶ浜店 内観

ビルズ 横浜赤レンガ倉庫 概要

■ 所在地
神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館1F

■ 営業時間
朝 9:00~12:00
昼 12:00~17:00(17:00)
夜 17:00~23:00(22:00)

■ 定休日
不定休

■ 公式サイト
bills-jp.net

■ 一休.com(予約)ページ
https://restaurant.ikyu.com/101507/info/

横浜 人気パンケーキ情報






関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

bills(ビルズ)横浜赤レンガ倉庫店は横浜限定パンケーキあり!一休経由の予約が良かった

おすすめピックアップ記事

*注意事項

当サイトに掲載している情報は執筆時当時のものです。

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2018 はまこれ横浜 All Rights Reserved.