フラワーガーデン2019、横浜赤レンガ倉庫で開催!マーガレットの丘やHANABAR

フラワーガーデン2019、横浜赤レンガ倉庫で開催!マーガレットの丘やHANABAR

横浜赤レンガ倉庫は約8,000株の草花で港町横浜に春の訪れを演出する「FLOWER GARDEN 2019」を3月29日(金)より期間限定で開催します。

今年で13回目となるフラワーガーデンは4月に開館17周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして色とりどりの花でお祝いする春恒例のイベント。

開港160周年を迎える横浜港と緑を一緒に楽しんでいただけるよう「港の見えるフラワーガーデン」をテーマに、色鮮やかな草花で溢れた春らしさを演出します。

フラワーガーデン2019について

会場エントランスには、春色を基調としたハート型のフラワーアーチが登場し、来場者をお出迎え。

エントランスを抜けると、横浜港に向かってまっすぐ続く道の両サイドに草木を多く取り入れ、自然の中で散策している感覚を味わえる庭園が出現します。

庭園内には開館17周年にちなみ、動物をモチーフにした17体の「トピアリー」を設置し、写真映えするフォトスポットを数多く設けます。

フラワーガーデン イメージレイアウト
フラワーガーデン イメージレイアウト

1.フラワーエントランス 2.トピアリーエリア 3.カフェエリア(HANABAR) 4.マーガレットの丘エリア

さらに先に進んだ横浜港を臨む会場の海側には、高さ7mの大きなシンボルツリーとピンクのマーガレット一色で演出した「マーガレットの丘」が出現し、港を背景に一面の花畑が広がるここでしか見ることのできない景観をお楽しみいただけます。

また、日没後には会場全体をライトアップし、昼間とは異なる雰囲気の幻想的な空間も見どころとなります。

フラワーガーデン 開催概要

■ 期間
2019年3⽉29⽇(金)〜4⽉21⽇(日)計24⽇間
ライトアップ 18:00〜23:00

■ 場所
横浜⾚レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク

■ 植栽
マーガレット、デイジー、ネメシア、ラナンキュラス、ラベンダーなど約8,000株の花木を使用予定

■ 入場料
無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途)

昨年に引き続き、視覚だけでなく五感を使って楽しめるよう、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」を会場内に併設。

エディブルフラワーを使った限定メニュー
エディブルフラワーを使った限定メニュー

食べられる花「エディブルフラワー」を用いて見た目も華やかなフード・ドリンクを提供する他、花を用いたワークショップも実施します。

画像はイメージです。内容は変更になる可能性がございます。

※追記(2019年2月13日)
フラワーガーデン2019とセットで訪れたい春イベント

横浜赤レンガ倉庫 おすすめ情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント