横浜赤レンガ倉庫の“恐竜展”はこぶりなのに内容濃すぎ!アートとコラボで親近感も

横浜赤レンガ倉庫の“恐竜展”内容濃くて楽しすぎ!アートとコラボで親近感も倍増

横浜赤レンガ倉庫1号館の2階で恐竜×アートの斬新な恐竜展「Gr8!こぶりな恐竜展」が2021年9月4日(土)から同年10月10日(日)まで開催。

本展は地球上の歴史と恐竜の魅力をストリートアートを通じて表現するという斬新な内容となっており、足を運んでみると“こぶり”のことば以上に魅了される展示が多く充実した時間を過ごせました。

会場内のティラノサウルスの半身骨格やトリケラトプスの頭骨、格闘化石など恐竜の魅力がアートの力によって一層引き上げる、本展だからこその面白さを一足先に体験させてもらったのでご紹介。

Gr8!こぶりな恐竜展について

本展は、デイノケイルスや日本最大の全身骨格・カムイサウルス(むかわ竜)などを発掘した恐竜研究者・小林快次(コバヤシヨシツグ)北海道大学総合博物館教授が監修。

Gr8!こぶりな恐竜展 入口

会場内は6つの章に分けられ、水辺に生きた恐竜の紹介に始まり、植物の進化にあわせて適応進化を続けた植物食恐竜たち、ティラノサウルスの特殊化した生態、白亜紀の捕食者と被食者の関係性、恐竜から鳥への進化など順を追いながら恐竜の魅力を体験できます。

Gr8!こぶりな恐竜展 アートと恐竜のコラボ展示

私自身は恐竜について詳しいわけではないけれどそんな私でも思わず足を止めて展示ひとつひとつをじっくりと眺めたくなる、ユニークな紹介が最初から最後まで続きます。

第1章では巨大なウミガメとモササウルス、日本でも発見されている水辺の恐竜「スピノサウルス」の歯などが登場。

スピノサウルス

スピノサウルスの歯

モササウルスは、2015年公開の映画『ジュラシック・ワールド』の水上に吊るされたサメを水中からジャンプして一気に丸呑みするシーンに出演していた恐竜です。

モササウルス

モササウルス

恐竜の名前を聞いてパッと恐竜の姿が浮かばなくても、ストリートアーティスト・YOICHIRO氏が書き下ろす恐竜アート作品がアシストするように、イメージを膨らませてくれるのが本展の魅力。

第2章に移動すると今度は植物食のスペシャリストを中心とした展示を観覧できます。植物も進化し被子植物が誕生したことからより効率的に食べる歯を持つ恐竜があらわれたそう。

噛まれた跡のあるハドロサウルスの足の骨
噛まれた跡のあるハドロサウルスの足の骨

骨格や化石、剥製など様々なものを通じて当時の恐竜の姿を垣間見れます。

エドモントサウルス頭骨
エドモントサウルス頭骨

実際に触れて質感を自分の手で確かめられる展示が思っていた以上にたくさんあったのも面白く、子どもから大人まで楽しく学べる恐竜展です。

触れられる展示

植物食恐竜トリケラトプスの口先は鳥類のくちばしのように尖り、頭骨には大きな骨質のフリルと3本の角。大きなアートを背景に、人気の恐竜を間近で見ることできます。

トリケラトプス頭骨

3章には本展の目玉となる化石が展示。

小型の肉食恐竜ヴェロキラプトルと小型の植物食恐竜プロトケラトプスが絡み合ったまま保存された格闘化石です。

格闘化石

当時の小型肉食恐竜も紹介されていました。

ヴェロキラプトル
ヴェロキラプトル

骨格だけでなくリアリティのあるデイノニクスにも遭遇。

デイノニクス
デイノニクス

隣の章に移動すると、まず最初に目に飛び込んできたのはティラノサウルスの「スタン」。

ティラノサウルス「スタン」
スタンの半身骨格

今夏、パシフィコ横浜の恐竜科学博で覚えた「スタン」を半身骨格という別の姿で眺められたのは面白く、また半身骨格の展示の周りにはティラノサウルスの頭骨、大腿骨、前あし、後あしなどの部分骨格が集結しているので、さらに踏み込んで生態を知ることができます。

ティラノサウルス頭骨
ティラノサウルス頭骨
ティラノサウルス下顎
ティラノサウルス下顎
ティラノサウルス後脚
ティラノサウルス後脚

5章では恐竜から鳥へと進化した過程を紹介。

恐竜から鳥へ進化した展示

現在では恐竜の多くが羽毛を持っていたことが分かっており、始祖鳥のレリーフ展示やテリジノサウルスの造形展示など羽毛を持つ恐竜が展示されていました。

テリジノサウルス 前あし
テリジノサウルス 前あし

絵の力は改めて凄いなと実感。

恐竜初心者の私も思わず夢中になってアートの力を借りながら恐竜の展示をいつも以上に入り込んでじっくりと眺めていました。

ハシボソガラス
ハシボソガラス

アートとのコラボにより普通に展示を見たときよりも臨場感が増して深みのある面白い時間に。

恐竜の体の色の復元は羽毛化石から可能とのことで、最終章には石膏に包まれた実物のティラノサウルスの大腿骨なども展示されていました。

ティラノサウルスの大腿骨
ティラノサウルスの大腿骨

スペースは確かに“こぶり”ではあるけれど、恐竜とアートが創り上げるコラボ空間は想像以上に見どころ満載。会場奥には恐竜グッズを取り扱うお土産コーナーもありました。

お土産コーナー

恐竜のレプリカの歯や爪をはじめ、クリアファイルやメモ帳、下敷きなどの文具類、ハンカチやタオル、ストラップなどお土産にぴったりな恐竜グッズが並んでいたのでお楽しみに。

Gr8!こぶりな恐竜展 概要

■ 会場
横浜赤レンガ倉庫1号館 2階スペース

■ 会期
2021年9月4日(土)~10月10日(日) ※10月31日(日)まで会期延長

■ 開場時間
平日 13:00~17:00(最終入場16:30)
土日祝 11:00~19:00(最終入場18:30)

■ 入場料(税込)
大人(中学生以上)1,500円 / 子ども 1,000円 / 乳幼児(2歳児未満)無料
※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料

おすすめ周辺スポット情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント