横浜「DinoScience 恐竜科学博」見どころ満載!奇跡の化石や大迫力映像など全貌レポ

横浜「DinoScience 恐竜科学博」見どころ満載!トリケラトプス化石展示や大迫力映像体験など全貌レポ

パシフィコ横浜で「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 〜ララミディア大陸の恐竜物語〜」(以下、DinoScience 恐竜科学博)」が2021年7月17日(土)より始まります。

まるで恐竜が目の前にいるような興奮を味わえる映像体験をはじめ、ヒューストン自然科学博物館でのみ展示されていた“奇跡の化石”トリケラトプスの実物全身骨格や日本初・世界初の骨格標本などを展示。

恐竜をイメージしたバーガーや骨付き肉、ケーキから化石型のチョコを掘り出しながら食べるケーキなどオリジナルフード・デザートまで全貌を一足先にチェックして来たのでご紹介です。夏のお出かけの参考に!

DinoScience 恐竜科学博 見どころ

パシフィコ横浜(横浜みなとみらい)の1階にある展示ホールAにて2021年7月17日(土)から同年9月12日(日)まで開催される「DinoScience 恐竜科学博」。

DinoScience 恐竜科学博

会場内はプロローグのゾーン01から本展のメインとなる特別展示のゾーン05の他にショップやフードコーナー、ワークショップを展開します。

フロアマップ

日本初の貴重な骨格標本が数多く展示されている本展。やはり注目は“奇跡の化石”とも言われているトリケラトプス「レイン」の実物化石です。

トリケラトプス「レイン」の実物化石

これまで門外不出とされ、ヒューストン自然科学博物館でのみ展示されていたもので今回本展にて日本初上陸。全長7メートル×高さ3メートルのほぼ完全な全身の骨格と世界初の大型皮膚痕が残るたいへん貴重な骨格標本です。

トリケラトプス「レイン」は、躍動感のあるポージングをしたティラノサウルス「スタン」と対峙するように展示され、360度グルっとまわってどの角度からも見られました。

ティラノサウル「スタン」

トリケラトプスは長い角や複雑な頭骨の形状から化石になる過程で変形や欠損が起こることが多いそうで、ほぼ完璧な状態を保って発掘されたことからも“奇跡の化石”とも呼ばれています。

トリケラトプス「レイン」とティラノサウル「スタン」

トリケラトプス「レイン」の骨格標本の近く(壁側)には非常に希少な「皮膚化石」も展示されているので入館したらこちらも要チェック!展示の標本はレインの腰周りの皮膚の実物化石で最大10センチを超える巨大なうろこが特徴です。

レインの皮膚化石

また本展主役のトリケラトプス「レイン」といえば、裸眼で立体映像を見られる空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」というのが個人的に面白かったです。

空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」

トリケラトプス「レイン」をバックに、目の前に実物がいるかのようなリアルな映像体験を展開し、恐竜の肌の質感や動きなどをついつい手を伸ばしながら奥行きも感じ3DCGで楽しく観察できました。

DinoScience 恐竜科学博 全体レポ

本展は希少な骨格標本や資料を中心に恐竜王国だったララミディア大陸を掘り下げ、さらに主人公の幼いトリケラトプスと共にララミディアの生き物と出会いながら当時生きていたときを想起されるポーズをした約20体の骨格標本を見られます。

会場風景

恐竜としては世界で初めてとなる脳腫瘍の痕跡がある非常に珍しいゴルゴサウルスは骨格標本にて展示。

ゴルゴサウルス

ティラノサウルやトリケラトプス、エドモントサウルスについても詳しく解説や標本が展示されていました。

標本展示風景

少年トリケラトプスと共に物語を読むように足を進めて楽しめるフィールドツアーも見応え十分。骨格標本が淡々と展示されているのではなく、ひとつひとつの展示に世界観が広がり、また時代を想起させるポージングも印象的です。

フィールドツアー

人間を遥かに超えた迫力のある骨格標本もあれば展示に近づかなかればカタチを把握しにくいとても小さな骨格標本までとサイズだけみても様々。現代にも生息しているワニ類やカメ類から、最大の飛行生物・翼竜のケツァルコアトルス、最速の恐竜とされているストルティオミムス、モササウスなどを直近でじっくりと解説とともに眺めることができます。

フィールドツアー「ケツァルコアトルス」

フィールドツアー

フィールドツアー

世界初展示

展示は標本だけにとどまらず、白亜紀の恐竜たちが生きる世界を大型CG映像に没入して体験できるシアターも必見。

大型CG映像

恐竜の体の造形から質感、動き方、植生に至るまで徹底的にこだわり抜いて完成した映像は繊細で美しく、さらに映像にあわせた床からの振動や風の演出などと共に恐竜がいた時代にタイムスリップしたかのような臨場感ある映像体験を楽しめます。

大型CG映像

会場には展示の他にも「恐竜ワークショップ」や「ショップ」を展開。

ショップ

DinoScience 恐竜科学博の公式キャラクター「ダイナ荘びより」の関連グッズをはじめ、Tシャツやぬいぐるみなどを取り揃えます。会場限定商品として横浜銘菓のハーバーミルクモンブランと本展がコラボした可愛らしいパッケージのお菓子も用意。

ショップ ぬいぐるみ

ハーバーミルクモンブラン

小腹が空いたらフードコーナー「美食恐竜のキッチン」にて恐竜をイメージしたバーガーや骨付き肉、恐竜の顔を再現したケーキ、化石型のチョコを掘り出しながら食べる発掘ケーキなどあそび心溢れるメニューをいただけます。

恐竜の顔をしたケーキ

恐竜をイメージしたバーガー

発掘ケーキ

公式アンバサダーである日向坂46の小坂菜緒さんが本展のために描き下ろした恐竜をモチーフにしたスペシャルコラボメニューはファン必食。恐竜クレープや恐竜のたまごオムライス、アイシングクッキーなど各種メニューを取り揃えます。

恐竜のたまごオムライス

美食恐竜のキッチン メニュー

DinoScience 恐竜科学博 開催概要

■ 名称
Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~ 2021@YOKOHAMA

■ 会期
2021年7月17日(土)~9月12日(日)
※会期中無休
※土・日・祝日・特定日は、事前予約/日時指定入場制(先着順)
※特定日:2021年8月7日(土)~8月15日(日)

■ 時間
月・火・木・日 9:00~18:00(最終入場 17:30)
水・金・土・祝日・特定日 9:00~21:00(最終入場 20:30)

■ 会場
パシフィコ横浜 展示ホールA

■ 公式サイト
https://dino-science.com

■ 通常チケット
販売期間:販売中~9月12日(日)17:00
金額(税込):大人(19歳以上)平日 2,800円/土日祝・特定日 3,000円、中学生~18 歳 平日 2,000円/土日祝・特定日 2,200円、4歳~小学生 平日 1,400円/土日祝・特定日 1,600円
※土日祝・特定日は1時間ごとの日時指定

2021年夏 横浜おすすめイベント

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント