横浜高島屋に循環型の「ぱんクル」登場!野菜の堆肥に販売期限切れパンをリサイクル

横浜高島屋に循環型の「ぱんクル」登場!販売期限切れパンを野菜にリサイクル

横浜高島屋(横浜駅西口)のフーディーズポート2・ベーカリースクエア内にて展開している「KANAGAWA BAKER’S DOCK」は、販売期限切れのパンを堆肥に活用して育てた野菜を使ったパン「ぱんクル(ぱん+リサイクル)」を2021年10月27日(水)より販売します。

ベーカリースクエアは今年3月のオープンから閉店後のパンの冷凍販売、賞味期限間近のパンを使った発泡酒の販売などパン業界の課題でもある“食品ロス”問題に取り組み、さらに販売期限切れのパンを定期的に山梨県北杜市の農場「レインボーファーム」に送り、酵母と納豆菌など土づくりに良い菌を加え、菌の力で発酵させることで堆肥化。

今回、この堆肥を使った良質な土壌で耕作したサツマイモやカボチャを2021年10月23日(土)の収穫を経て、地元・神奈川県内のベーカリーの協力のもと商品化し、環境に配慮した“循環型”のパンの販売を行います。※本取り組みは現在も継続中で次の収穫は2022年春頃予定

ぱんクル(ぱん+リサイクル)販売商品

■ パーネディトゥッティ(横浜市・保土ヶ谷区)
かぼちゃとさつまいもの秋のフォカッチャ 356円 / かぼちゃとあんこのエピ 356円

パーネディトゥッティ

イタリア語で“みんなのパン”を意味する「パーネディトゥッティ。

国産小麦と天然酵母で作った体にやさしい商品を扱っており、今回は同店で人気のフォカッチャ、エピに今回収穫されたサツマイモとカボチャを使用。ふわっとした食感のフォカッチャともちっとした食感のエピ、それぞれの食感と野菜のやさしい甘みが調和した一品です。

■ ローゼンボア(横浜市・神奈川区)
かぼちゃデニッシュ 305円

ローゼンボア

1937年創業の歴史あるベーカリーショップ「ローゼンボア」は、店内に設置の溶岩窯でしっとりと焼きあげたパンが人気のお店。今回、収穫されたカボチャのフィリングをバターの風味たっぷりのデニッシュ生地で包み、焼きあげます。お子さんから大人まで楽しめる味わいとなっています。

■ トレフール(横浜市・港南区)
かぼちゃと肉味噌のフォカッチャ 381円

トレフール

安心と美味しさにこだわり、長期熟成による風味豊かなパンが評判の「トレフール」。今回、人気の季節商品「肉味噌と秋野菜のフォカッチャ」をアレンジした一品を販売します。フォカッチャとカボチャのやさしい味わいと甘辛く仕上げた肉味噌が絶妙です。

ぱんクル(ぱん+リサイクル)販売概要

■ 販売開始
2021年10月27日(水)〜

■ 販売場所
横浜高島屋 地下1階 フードディーズポート2 ベーカリースクエア

■ ベーカリースクエア詳細

横浜高島屋・ベーカリースクエア 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント