横浜駅西口 駅ビルは2020年開業予定!完成イメージに期待膨らむ

横浜駅西口 駅ビルは2020年開業予定!完成イメージを見て驚いた

2015年5月末をもって閉店を迎えた西口のルミネ。

今後は大規模な工事を経て横浜駅西口で駅ビル計画が進められる予定でJR東日本は完成イメージも公開。

駅ビルは横基調の軽快なデザインを基本として駅前棟のアトリウムを横浜駅西口の新たな玄関口として象徴的に際立てたファサードデザインを採用。アトリウムは4層吹き抜けの明るく開放的でドラマチックな空間を目指します。

なお、完成は2020年を予定。

横浜駅西口駅ビル イメージ

線路側外観 イメージ

2014年3月にJR東日本より発表されたリリースによると、駅前棟は地上26階地下3階で地下2階から地上10階までが商業施設、地上12階から26階まではオフィス、地上11階と地下3階は機械室、地下3階の下には大雨に備えた雨水の貯留槽の設置を予定。

駅前棟 西口駅前広場側外観 イメージ
駅前棟 西口駅前広場側外観 イメージ
西口駅前広場側外観 イメージ
西口駅前広場側外観 イメージ
アトリウム イメージ
アトリウム イメージ
重層的な回遊デッキ イメージ
重層的な回遊デッキ イメージ

駅ビル 概要

■ 事業主体
東日本旅客鉄道株式会社

■ 所在
神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番1号外

■ 用 途
駅前棟
商業施設、業務施設、等

鶴屋町棟
駐車場、保育所、等

■ 敷地面積
駅前棟 約8,700㎡
鶴屋町棟 約5,000㎡

■ 延床面積
駅前棟 約94,000㎡
鶴屋町棟 約24,000㎡

■ 階数
駅前棟 地上26階、地下3階

鶴屋町棟 地上 9階

■ 高さ
駅前棟 約135m

鶴屋町棟 約31m

■ 開業予定
2020年

※掲載情報は計画段階のもののため今後変更となる場合があります。

[続報]
鶴屋町棟の計画が変更となりました!

その他、最新情報は「横浜西口駅ビル計画」のページより一覧でご覧いただけます。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜駅西口 駅ビルは2020年開業予定!完成イメージに期待膨らむ