2019年4月 横浜駅西口 駅ビル完成までの様子 [写真掲載]

横浜駅西口では2020年完成を目標に駅ビル工事が行われています。

既報の通り、駅ビルはニュウマン横浜やCIAL横浜を含む「JR横浜タワー」と駐車場や商業施設、ホテル、スポーツ施設を含む「JR横浜鶴屋町ビル」で構成されることが決まっており、少しずつ完成に向かっています。

当サイトでは定期的に駅ビルの様子を撮影し、前月と比較。今月も再びその姿をおさえて来たのでご紹介です。

2019年4月 横浜駅西口の様子
2019年4月 横浜駅西口の様子
2019年3月 横浜駅西口の様子
2019年3月 横浜駅西口の様子

前月と比較すると外観の変化は若干。

ビル中央の「横浜駅」と示した文字の下にある「NEWoMan(ニュウマン)」と「T・JOY(Tジョイ)」を文字をハッキリ確認できるようになりました。この辺りは発表時のイメージパースにはないものの、より良い外観になっている印象です。

また、鶴屋町側ビルの白い壁面下、ダークグレーっぽい壁面も前月と比べてよりエリアが広がってきたのも確認できます。

横浜駅西口では数年前には全く考えられなかった、「馬の背」が2018年3月に解消。

同年12月にはジョイナス地下街に続く西口駅前広場の階段がなくなり、「新通路」が開通しました。

日々、変わり続ける「横浜駅」。

当サイトでは引き続き、駅の変化や駅ビルに関する新情報を「横浜駅西口開発ビル計画」にてお知らせいたします。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

2019年4月 横浜駅西口 駅ビル完成までの様子 [写真掲載]