2019年3月 横浜駅西口 駅ビル完成までの様子 [写真掲載]

横浜駅西口では2020年完成を目標に駅ビル建設工事が進行しています。

既に駅ビルは、ニュウマン横浜やCIAL横浜などを複合する「JR横浜タワー」と駐車場や商業施設、ホテル、スポーツ施設などを含む「JR横浜鶴屋町ビル」で構成されることが発表されており、徐々に外観も変化。

当サイトでは定期的に駅ビルが変わる様子を撮影し、今月もまた撮影して来たのでご紹介します。

2019年3月 横浜駅西口の様子
2019年3月 横浜駅西口の様子
2019年2月 横浜駅西口の様子
2019年2月 横浜駅西口の様子

前月と比較すると違いは明らか。ビルの中央部分に「横浜駅」、さらに「NEWoMan(ニュウマン)」や「T・JOY(Tジョイ)」などの文字も半分ほど見えて来ました。

発表時のイメージパースにない文字入れが新たに施され、一目で横浜駅とわかるようになりそうです。

約3年前に撮影した横浜駅の様子と比べると、だいぶ駅ビルが高くなり西口も変化しているのが確認できます。

数年前には実現が考えられなかった「馬の背」の解消。

西口広場のジョイナス地下街に向かう階段部分はなくなり、「新通路」が開通したりと少しずつではありながらも進化を続ける横浜駅。

当サイトでは横浜駅の街の変化についても引き続き、ご紹介してまいります。最新情報・過去記事については「横浜駅西口開発ビル計画」より一覧にてご覧ください。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

2019年3月 横浜駅西口の様子