横浜マリンタワー展望フロアで夜景と映像の融合体験!横浜の新たな夜景スポット

横浜マリンタワー展望台で夜景と光と映像の融合体験!横浜の新たな夜景を満喫

横浜・山下公園通りの横浜マリンタワーはリニューアルを実施し、2022年9月1日(木)約3年半ぶりに営業を再開。

今回のリニューアルでは特に“夜の展望フロア”が大きく変貌を遂げ、再開前から楽しみにしていたのでカメラを持って行ってきました。

横浜の夜景はもちろん、アートとテクノロジーを使って表現された作品と夜景を重ね合わせた「メディアアートギャラリー」は新鮮味があり、気づけば夢中になっていたので撮ってきた写真とともに魅力や特徴をご紹介です。

展望フロアで横浜の新たな夜景を満喫

展望フロアは29階と30階に位置。

29階まで専用エレベーターで移動した後は、29階と30階を自由に往復でき、今回のリニューアルではそれぞれのフロアにて明確に異なる夜景を楽しめるようになりました。

29階の展望フロアからは横浜マリンタワーの位置・高さだからこその臨場感とダイナミックな夜景が広がり、新山下側や山下公園側、横浜みなとみらい側など360度グルっと見て楽しめます。

29階の展望フロアからの夜景

29階の展望フロアからの夜景

29階の展望フロアからの夜景

そして、30階の展望フロアではアーティストによる光と映像の作品と、横浜の景色を重ね合わせた「メディアアートギャラリー」を新たに展開。

30階の展望フロア「メディアアートギャラリー」

1フロア移動しただけで見える世界がガラッと変わり、光と映像の作品と横浜の景色を重ね合わせながら夜景を自身で創るような感覚で楽しめました。

30階の展望フロア「メディアアートギャラリー」

作品の表現はフロアに流れる音ともに次々と変化し、また横浜の夜景も時間の経過とともに大観覧車や横浜ベイブリッジのライトアップ、海を行き交う船の数や灯りなども変化。

30階の展望フロア「メディアアートギャラリー」

重ね合わせるものが目まぐるしく変化するのでいつまでも見られ、写真や動画の撮り方をあれこれと悩む時間も面白かったです。

30階の展望フロア「メディアアートギャラリー」

従来のように横浜の夜景を純粋に眺められる選択肢を残しつつ、アート作品を通じて新たな夜景にも触れられるようになった、今回のリニューアル。

展望フロアの企画展も期間によって内容が変わるため、一度だけでなく二度三度、この先何年、何十年と足を運びながら新しい横浜マリンタワーの世界観をじっくりと感じていきたいなと!

ライトアップした横浜マリンタワー

本記事に登場している企画展「Codistance(コディスタンス)」はアーティスト・MIRAI SHIKIYAMA氏の作品で2022年12月末まで展示予定。以降の企画展の内容は施設公式サイトにて最新情報の確認を。

横浜マリンタワー 展望フロア概要

■ 所在地
神奈川県横浜市中区山下町14番地1

■ 展望営業時間
デイチケット入場時間:10:00~18:00(17:30最終入場)
ナイトチケット入場時間:18:00~22:00(21:30最終入場)
※6月~8月の夏季のナイトチケット入場時間は日没に合わせて19:00〜

■ 30階メディアアートギャラリー「Codistance」
2022年9月1日(月)~2022年12月末日予定

<ナイトチケット入場料(税込)>
平日:一般(高校生以上)1,200円 / 小中学生(未就学児無料)700円
土日祝日:一般(高校生以上)1,400円 / 小中学生(未就学児無料)800円
※施設が定める特定日(GW/お盆等)、企画営業(初日の出/花火大会等)は上記料金とは異なる

おすすめ関連情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#