横浜市、ひとり親世帯等へ臨時特別給付金を給付

横浜市、ひとり親世帯等へ臨時特別給付金を給付

横浜市は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響を受ける児童扶養手当受給世帯に対して、同市独自の「ひとり親世帯等への臨時特別給付金」を給付すると5月20日(水)に発表。

給付対象者は、2020年5月1日時点で横浜市に住所を有する2020年3月分または4月分の児童扶養手当受給世帯、2020年5月分から児童扶養手当の受給対象となる世帯。

1世帯あたり一律2万円(1回の給付) を給付します。

横浜市 ひとり親世帯等へ臨時特別給付金について

ひとり親世帯は働き手が一人であり、休業要請による減収や学校等の休校による家庭での生活費支出の増加の影響が特に及びやすいと考えられることから「ひとり親世帯等へ臨時特別給付金」を給付。

全国一律で給付が進められている特別定額給付金、子育て世帯への臨時特別給付金とは別に、ひとり親世帯等に対する横浜市独自の給付です。

給付時期は6月下旬を予定。申請手続きは不要で児童扶養手当の振込先口座に振り込まれます。対象世帯数は約2万世帯、執行予定額は給付費約4億円(その他、郵送費やシステム改修費等の事務費)。

■ 横浜市 ひとり親世帯等へ臨時特別給付金 概要
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kodomo/2020/20200520h-kyufu.files/0001_20200519.pdf

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜市、ひとり親世帯等へ臨時特別給付金を給付