横浜市庁舎跡地に商業施設や星野リゾートによるホテルなど開業

横浜市庁舎跡地に商業施設や星野リゾートによるホテルなど開業

横浜市は横浜市役所(横浜市中区港町)の移転(2020年6月)に伴う跡地利用の再開発事業者に三井不動産を代表とするグループに決まったことを発表

現在の行政棟は保存活用してホテル商業施設に、議会棟は解体して高層ビルを建て、ライブビューイングアリーナオフィス大学など一体的に整備を行います。

横浜市庁舎跡地 再開発

高層ビルは地上30階、地下1階建て、高さは約160メートル。施設全体の延べ床面積は11万7000平方メートル。

関内・関外地区の新たなシンボル
関内・関外地区の新たなシンボル

行政棟3~8階には行政棟を保存活用した星野リゾートによるホテル「レガシーホテル」が入り、ガイド本には載らない、地元の人が通う特別な場所をホテルスタッフが案内する「地域探訪ツアー」を実施します。1~2階は商業施設。

タワー棟の低層階にはDeNAが運営する国内最大ビジョンを備える「ライブビューイングアリーナ(3,000㎡)」、11階から14階には総合大学を誘致します。

ライブビューイングアリーナ
ライブビューイングアリーナ

同アリーナではスポーツを中心としたコンテンツや周辺地区の音楽施設との連動により、365日多様なエンターテインメントを配信。屋外の駅前広場との一体利用ができるように整備します。

15~30階はオフィスフロアとし、市内最大級のベンチャー企業支援拠点として小規模オフィスを整備。コワーキングルーム、イベントスペース、ミーティングルームなども設置します。

レガシーホテル、2階建ての商業施設「みなとテラス」
星野リゾート「レガシーホテル」、2階建ての商業施設「みなとテラス」

また交通の面では羽田空港、箱根、鎌倉からの直行便を運行。既に運行しているオープントップバスも本街区に乗り入れます。

その他にも有隣堂が運営するアート・音楽活動の場を備えた書店、DeNAが運営するテクノロジーを楽しみながら学べるスポーツ体験施設なども展開。

市は「国際的な産学連携」「観光・集客」というテーマに沿った地区の賑わいと活性化の核づくり等の観点から、以下の事業予定者に決定しました。

事業者グループの代表は三井不動産、構成員は京急電鉄や東急、ディー・エヌ・エーなど7社。

2024年度開業予定です。

施設概要

■ 施設概要
延床面積:117,017㎡、高さ:160.7m(地上30階、地下1階)

■ フロア構成
<行政棟>
1、2階 商業施設
3〜8階 ホテル

<新築棟>
1〜3階 ライブビューイングアリーナ、新産業創造拠点、商業施設
4、5階 エデュテインメント施設
6、7階 ウェルネスセンター
10階 オフィスロビーなど
11〜14階 大学
15〜30階 オフィス

■ 借地期間
運営期間70年間+開業前工事期間+事業終了後工事期間(合計78年間を想定)

※掲載内容・イメージパースは事業提案時のもの。今後、変更となる可能性があります。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜市庁舎跡地に商業施設や星野リゾートによるホテルなど開業