水陸両用バス 横浜 予約可能に!チケット購入から乗車までの流れ

横浜の水陸両用バスは予約不可!チケット購入から乗車までの流れ

横浜みなとみらいの景色を陸と海の両面から楽しめる水陸両用バス「スカイバス」に一般開放が開始した初日、第一号に乗車してきました。乗車チケットや乗車までの流れは実際に利用する際に私も戸惑ったことが多かったです。

チケットの買い方や乗車場所、出発時間など必要な情報をまとめました。乗車したときの感想と合わせてぜひご覧ください。

※赤レンガ倉庫側の乗り場は2018年8月より休止。再開の見込みは立っていません。
※当記事の内容は執筆時当時のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

水陸両用バス チケット購入場所

水陸両用バス「スカイダック」の乗車場所・チケット購入場所

水陸両用バスんのチケット購入場所と乗車場所は同じで桜木町駅から歩いて数分、日本丸メモリアルパークのすぐそばで販売・乗車が可能です。→ 詳細な位置を地図で確認する

※2つ目のチケット購入場所・乗り場が誕生しました。場所は横浜赤レンガ倉庫すぐそばで日本丸メモリアルパーク発と横浜赤レンガ倉庫発でコースは異なります。

※追記(2019年4月):赤レンガ倉庫発は2018年8月より休止中。再開の見込みは立っておりません。

水陸両用バス 運行のコース

日本丸メモリアルパークの乗車場所からスタートをして関内地区やみなとみらい地区(横浜税関や横浜赤レンガ倉庫、コスモワールドなど)の街並みを見ながら陸上を走行。

スロープからそのままバスを乗り換えることなく進水して大桟橋付近まで海上を航行。

スロープから上陸して、日本丸メモリアルパーク内で降車という約70分(現在は50分)のコースとなっていました。

水陸両用バス横浜 陸と海から見た絶景と感想

窓の無いバスのため心地良い自然の風に吹かれながら乗用車よりも遥かに高い位置から横浜みなとみらいエリアを景色を楽しんだ後、海からの横浜みなとみらいの景色を体験。横浜みなとみらい、港町らしい「水辺」からの観光を漫喫できました。

主要スポットもまわってくれるので観光を漫喫したい人にはかなりおすすめの観光バスです。

水陸両用バス チケット・運行情報まとめ

開店時間
平日 9:30~15:30 / 休日 9:30~16:30
※運行ダイヤにより変動あり。

チケット価格
おとな 3,500円 / 小学生以下 1,700円

チケット発売開始時間
当日券は9:30~

※2018年3月より、予約が出来るようになりました。
スカイバス東京のホームページ又はコールセンターで予約可能です。
乗車日の1ヶ月前より予約開始。乗車日の前日18:00まで受付。
※ご予約を受けられない日程もございます。

所要時間
約50分

バスの出発時間(2019年4月現在)
平日 10:30 / 12:00 / 14:00 / 15:30
休日 10:00 / 10:45 / 11:30 /13:30 / 14:15 / 15:00 /15:45
※季節、イベント等により変更あり。
※スカイダック横浜のホームページ等でご確認ください。

※お知らせ:2018年3月より予約が出来るようになったため、タイトルを修正しました。

水陸両用バス「スカイダック」関連情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

水陸両用バス 横浜 予約可能に!チケット購入から乗車までの流れ