横浜駅改札内「ステーションデスク横浜」は全席個室3タイプで展開!エキュートエディション横浜

横浜駅改札内「ステーションデスク横浜」は全席個室3タイプで展開!エキュートエディション横浜

JR東日本は、横浜駅改札内「エキュートエディション横浜」に会員制シェアオフィス「ステーションデスク横浜」を2020年8月10日(月・祝)にオープンします。

全席個室の9席を3つの座席タイプで展開。

基本料金はなく15分250円で利用可能です。オープンに先駆け、各席などオフィス内を見せてもらったのでご紹介します。

ステーションデスク横浜について

横浜駅の中央南改札南改札の間に、5つのショップが集まる商業空間「エキュートエディション横浜」が2020年8月10日(月・祝)にオープン。

ステーションデスク横浜は「エキュートエディション横浜」内に位置し、横浜エリアに初めて展開します。横浜DeNAベイスターズが手掛けるビアカフェ「&9(アンド・ナイン)」の隣です。

ステーションデスク横浜

専用WEBサイトから予約してQRコード認証にて入退室を行う、会員制の駅ナカシェアオフィスで、全席個室の9席、3タイプの座席を設けます。

ステーションデスク横浜 内観

ひとつ目が、作業に没頭できる「SHELTER」でデスクとチェア、ハイパーテンションによる囲われ感を通して作業に没頭できます。

座席タイプ「SHELTER」

そして、大きなソファに腰をかけながらリラックスした環境で作業に集中できる「CAVE」。荷物が多い時にもゆったり快適に使えそうです。

座席タイプ「CAVE」

さらに、今回「ステーションデスク」として車椅子にも対応した座席「UNIVERSAL」を新設。

座席タイプ「UNIVERSAL」

昇降式デスクを備えているのでスタンディングワークや多様なワークスタイルをサポートする座席です。

Wi-Fiや電源の完備はもちろん、入り口そばにはフリードリンクや電話のできるフォンブースも備えます。

フリードリンク

フォンブース

空気環境対策として、多くの医療機関でも採用されている紫外線(UVC)照射装置「エアロシールド」も導入。天井付近に紫外線ゾーンを形成し、自然対流により空気が循環することで人がいる空間でも24時間365日安心・安全に空気環境対策が可能となるそう。

電車の乗り換えや待ち時間にひと仕事したい時や静かな場所で電話したい時、また15分単位で利用できるので待ち合わせまでの快適な休憩場所としても利用できそうです。

ステーションデスク横浜 施設概要

■ 開業日
2020年8月10日(月・祝)10:00〜

■ 場所
横浜駅「エキュートエディション横浜」内

■ 営業時間
全日7:30〜21:00
年末年始、その他やむを得ない事情により営業休止の場合あり

■ 対象
個人会員・法人会員(会員登録のない方は利用不可)

■ 料金
250円/15分(税別)

■ 席数
全9室(SHELTER 6、CAVE 2、UNIVERSAL 1)

エキュートエディション横浜 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜駅改札内「ステーションデスク横浜」は全席個室3タイプで展開!エキュートエディション横浜