野毛山動物園「ナイトのげやま」夜の動物が活動して楽しい“無料”の夏イベント!

野毛山動物園「ナイトのげやま」夜の動物が活動して楽しい“無料”の夏イベント!

今年も夏限定で開催されているナイト野毛山。ナイト野毛山は通常の営業時間を延長して夜の動物園を楽しむことができるようになっているイベントです。

昼間は寝ている動物も夜になると動き出き出し、夜行性の動物たちを見られる貴重な機会となります。

8月の土日限定で入場料無料で入ることができるので夏休みの思い出にもぴったりです。

野毛山動物園「ナイト野毛山」体験レポ

大人も子供も全員無料が魅力の野毛山動物園。夏限定で夜も開放されており、もちろん夜も無料で入場できます。

野毛山動物園「ナイト野毛山」

入場するとすぐあるフォトスポットも普段とは違ってライトアップを実施。

野毛山動物園「ナイト野毛山」フォトスポット

園内も少し明かりはあるものの夜らしい雰囲気を大切にし、普段とは違う園内を歩くことが出来ます。

野毛山動物園「ナイト野毛山」園内の様子

野毛山動物園「ナイト野毛山」園内の様子

園内は結構薄暗くカメラを持っていたのですが、殆どピントを合わせることができなかったのは残念でしたが肉眼では元気に激しく動きまわるライオンやトラ、小動物など多くのことを見ることが出来ました。木々に囲まれた場所では薄暗くまるでジャングルを探検しているような気分も味わうことができます。

野毛山動物園「ナイト野毛山」園内の様子

またナイト野毛山の期間中は特別な企画も用意されています。下の写真は生まれて5日の小さなモルモットの赤ちゃんの公開の様子。他にもライブや動物たちの説明コーナー、イベント限定グルメなどがありました。

野毛山動物園「ナイト野毛山」モルモットの赤ちゃん

昼間とは全然違うナイト野毛山。夕方6時頃のまだ明るい時に見た動物たちも夜になると活発になり、同じ動物を見ていても新たな発見を楽しめます。実際に私も当日は昼に1周、夜に1周して見て回りました。

野毛山動物園「ナイト野毛山」ライオン

野毛山動物園「ナイト野毛山」ペンギン

普段を見れない動物たちの様子を撮影しようと試みましたが中々上手く取れず。こちらが唯一ナイト野毛山で撮ることのできたレッサーパンダの様子です。夜のゴロンとしている姿も可愛らしいです。

野毛山動物園「ナイト野毛山」レッサーパンダ

閉園は20時30分。人は多いけど他の動物園に比べたら昼・夜共に少ない方で動物をゆっくりと見ることの出来る動物園です。お近くの方や近くに遊びに行くという人はぜひ行ってみてください。

野毛山動物園「ナイトのげやま」閉園

野毛山動物園 施設概要

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

野毛山動物園「ナイトのげやま」夜の動物が活動して楽しい“無料”の夏イベント!