村田製作所、横浜 みなとみらい21地区 47街区に研究開発拠点の設立を発表!

株式会社村田製作所は横浜市みなとみらい21地区に新たに研究開発拠点を設立することを発表。

設立予定地は、みなとみらい21地区47街区でこの場所はスーパーオートバックス跡地アンパンマンミュージアム(移転予定)のある街区に当たります。同街区には既にコーエーテクモゲームスの移転が決定しているため、47街区の一部に設立となりそうです。

村田製作所は、顧客価値の向上と持続的な成長を実現するべく、通信市場を中心とした既存事業に加え、自動車、エネルギー、ヘルスケア・メディカルといった注力市場向けやIoT向けに新たな価値創出を進めています。

今後、これらの新しい事業への取り組みを一層推進するため、横浜市みなとみらい21地区に新たに研究開発拠点を設立することを決定したと発表しています。

■ 設立予定地
みなとみらい21地区 47街区

■ 敷地面積
7,415㎡(約2,200坪)

また、みなとみらい21地区周辺は開発ラッシュで資生堂の新研究所の設立神奈川大学新キャンパスの設立LGエレクトロニクス・ジャパンの複合施設の建設なども決まっています。

周辺エリアでは今後閉店が続く予定です。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント