森永エンゼルミュージアム「モリウム」お披露目!横浜・鶴見工場見学も再開

森永エンゼルミュージアムモリウムお披露目!横浜・鶴見工場見学も再開

森永製菓は、横浜市鶴見区の鶴見工場と同じ敷地内に「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」を新設し、2022年1月12日(水)にオープンすると発表。

ミュージアムでは森永製菓の歴史や人気商品の技術などを展示や映像を通して体感でき、休止していた鶴見工場の見学もリニューアルし、本施設の新設とあわせて再開します。

オープンに先駆け、新設のミュージアムや工場見学を一足先に体験してきたので今後の利用方法などとあわせて詳しくご紹介です。

森永エンゼルミュージアム モリウムと鶴見工場見学

横浜市鶴見区の鶴見工場内に新設された「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」。

森永エンゼルミュージアム モリウム

2021年12月3日(金)にオープン記念セレモニーと見学体験会が行われ、ミュージアム内と工場見学ルートがお披露目されました。

オープン記念セレモニー

当日は森永製菓の代表取締役社長・太田栄二郎氏、取締役常務執行役員・宮井真千子氏、鶴見工場長・十倉康充氏、MORIUM館長・中島庸子氏、そしてキョロちゃんも登場し、テープカットを実施。

本施設は森永製菓創業120周年を記念して新設されたもので、当初2020年春をオープンとしていましたが、新型コロナウイルスの影響にて約1年半の延期を経て2022年1月12日(水)にオープンを迎えます。

森永エンゼルミュージアム モリウム 1階 全景

施設は完全予約制(2021年12月13日より受付開始・詳細後述)で見学無料。新設のミュージアムと鶴見工場の見学をガイド付きで楽しめます。

休止中だった鶴見工場見学も今回の施設新設を機に再開。見学者専用通路や見学者専用エレベーターを整備し、これまで以上に多くの方が見学できるようにリニューアルしました。※コロナ禍は人数制限

森永エンゼルミュージアム モリウムと鶴見工場見学について

MORIUM(モリウム)という名前は、ラテン語で「場所」を意味する「アリウム」と「モリナガ」を組み合わせたもの。

森永エンゼルミュージアム モリウム 外観

MORINAGAが生み(UM)出す様々な価値を体感してもらいたいという想いを込め、森永製菓のこれまでの120年といま、これからの未来を共有しながら来館者との新たなコミュニケーションの場を目指します。

森永エンゼルミュージアム モリウム 白い空間

ミュージアムは森永製菓が商品にかける想いやこだわりの技術、おいしさの歴史を展示や映像を通して体感でき、白色を基調とした空間には人気商品のMARIE(マリー)やハイチュウなどをモチーフとしたデザインやフォトスポットとしてキョロちゃんも配置。

マリービスケット

空間の明るい“白色”は、これからの未来をイメージし、来館者と一緒に色付けしていきたいという思いが込められています。

シアタールームで創業期の歴史や主力ブランドの魅力を15メートル×3メートルのパノラマ映像を通して楽しく学び、ワクワクと気分を高めたらいよいよ展示コーナーの見学を開始です。

シアタールーム
シアタールーム
(画像:森永製菓提供)

アテンダーによるガイドや展示・映像を通して森永製菓の商品の秘密や歴史を楽しく学び、森永製菓をあらゆる視点で体感できます。

ガイドツアー

ガイドツアー

おいしさのヒミツエリアではキャンディやビスケット、チョコレート、アイス、in ゼリーなどお馴染みの商品や歴史、製造技術を模型や映像を通して紹介。

マリービスケット

ヒストリーエリアでは森永製菓の歩みを発表当時の商品パッケージや広告宣伝物などを通して学べます。

ガイドツアー

商品パッケージ

森永の広告宣伝物展示物

誰もが一度は耳にしたことのあるブランドや商品のトリビア情報を教えてもらえるなど、見学内容は子どもはもちろん大人、シニアまで幅広い年代の方が夢中になれるようなものばかり。

おもちゃのカンヅメ
50年以上続くおもちゃのカンヅメ

森永製菓の過去・現在・未来にミュージアム内で触れたあとは同じ敷地内の鶴見工場に徒歩で移動し、リニューアルしたルートも見学できます。

あいにく工場内の写真は撮れませんが、「ハイチュウ」や「小枝」が出来上がる製造ラインを実際に目で見て音を聞いて時に香りも感じながら、細かい製造工程は映像を通して紹介。また新型コロナウイルスが収束した際は試食やワークショップなども検討しているそうです。

ハイチュウ見学ルート
鶴見工場ハイチュウ見学ルート
(画像:森永製菓提供)

間近で商品が作られていく様子を見学し、ミュージアム内では森永製菓の商品に対してグッと関心を高め、お菓子を食べたくなってきた!という方にはモリウム内にミュージアムショップも併設しているのでお楽しみに。

ミュージアムショップ

ショップにはお菓子はもちろん、森永製菓のグッズも取り揃え、店頭にはキョロちゃんやチョコボールの魅力溢れるジオラマも設置されています。

ミュージアムショップ グッズ

ミュージアムショップ内のジオラマ

ただ工場を見学するだけでなく、ミュージアムでの時間を過ごすことで森永製菓を一層深く知って楽しめる横浜の新スポット。2022年1月12(水)に完全予約制にてオープンを迎えます。※予約受付は2021年12月13日(月)〜

森永エンゼルミュージアム モリウム 入口

森永エンゼルミュージアム モリウム 概要

■ オープン日
2022年1月12日(水)

■ 所在地
神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-1-1 森永製菓 鶴見工場敷地内

■ 開館日
平日(工場指定休日除く)

■ 対象
小学生以上(保護者同伴でも未就学児不可)

■ 入館・見学
完全予約制(約70分)
予約は2021年12月13日より通常時より人数を制限したうえで公式サイトより受付

■ 駐車場
なし

横浜のおすすめ工場見学

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#