三菱みなとみらい技術館「陸ゾーン」中心に展示内容リニューアル!ミニシアターなど新設

三菱みなとみらい技術館「陸ゾーン」中心に展示内容リニューアル!

横浜みなとみらいの「三菱みなとみらい技術館」は、4ゾーンの中核を担う「陸ゾーン」を中心に改装を実施し、2022年7月30日(土)にリニューアルオープンしました。

陸ゾーンのエントランスにはカーボンニュートラルコーナーを新設。

また炭素社会の実現に貢献する技術を紹介する展示スペースも新たに展示する他、ミニシアターではSDGsに関するアニメーションの放映、「MHI FUTURE GATE」にもSDGsの展示を追加しました。

三菱みなとみらい技術館 リニューアルについて

リニューアルでは、キャッチフレーズ「MISSION NET ZERO」に込めた想いやカーボンニュートラルの意味などを解説する「カーボンニュートラルコーナー」や、脱炭素社会の実現に貢献する「CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)」「水素発電」「核融合発電」に関する技術を紹介する展示スペースを新設。

脱炭素社会の実現に貢献する技術の紹介
脱炭素社会の実現に貢献する技術の紹介

ゾーン中央のミニシアターでは、6月に学研プラスと共同制作した小学生向け学習まんが「学研 まんがでよくわかるシリーズ」の特別編「SDGsのひみつ 目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」から、まんが部分を抜粋してアニメーション放映します。

SDGsのひみつミニシアター
SDGsのひみつミニシアター

同社グループが手掛ける発電用ガスタービンの大きさや仕組み、CO2を排出しない水素燃料による発電技術などについて、目と耳で楽しみながら学べます。

また同社グループ創業の原点から未来へとつながるものづくりストーリーを一望・体感できる「MHI FUTURE GATE」にSDGs展示を追加する他、SDGsを構成する2030年までに達成するべき17の「持続可能な開発目標」や、その達成に向けた同社グループの取り組みについても説明します。

三菱みなとみらい技術館 施設概要

■ 場所
横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル

■ 開館時間
平日:午前10時から午後3時まで(入館は午後2時30分まで)
土日・祝日:午前10時から午後4時まで(入館は午後3時30分まで)

■ 休館日
毎週火・水曜日(祝日の場合は翌日)年末年始および特定休館日

■ 入館料
大人500円 / 中・高校生300円 / 小学生200円
未就学児、65歳以上の方、障がい者の方とお付添の方1名は無料(障がい者手帳または障がい者手帳アプリMIRAIRO IDを提示)

みなとみらいの博物館 おすすめ情報

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#