横浜みなと博物館がリニューアル!体験型コンテンツ拡充・目玉のVRシアターに注目

横浜みなと博物館がリニューアル!体験型コンテンツ拡充・目玉のVRシアターに注目

日本丸メモリアルパーク内の「横浜みなと博物館」はリニューアル作業を終えて2022年6月28日(火)にオープンを迎えます。

同博物館は“横浜港”をテーマとした博物館で、今回のリニューアルでは案内サインの多言語化や吊り天井の耐震化、さらにLEDパネルを使用した常設のVRシアター等を始めとした体験型コンテンツを多数導入。

一足先に見どころなど館内を内覧してきたのでご紹介です。写真は全て許可を得て撮影・訪れた際は現地の記載に従ってくださいませ。

横浜みなと博物館 リニューアルについて

平成元年(1989年)の開港130周年を記念して「横浜マリンタイムミュージアム」が開業し、その後現在の名称である「横浜みなと博物館」として帆船日本丸とともに親しまれている同博物館。

横浜みなと博物館

同館は2021年6月よりリニューアル作業のため、一時休館していましたが、2022年6月28日(火)に再開を迎えます。

主なリニューアルの内容は耐震化多言語化・さらに体験型コンテンツの拡充です。

特にコンテンツの拡充は注目ポイント!これまで以上に子どもから大人まで身体を動かして楽しみながら横浜港の歴史や現在をさまざまな視点から学べるようになりました。

リニューアル 新コンテンツ

横浜みなと博物館 リニューアルの見どころ

地下1階は「横浜港の歴史ゾーン」と「横浜港の再発見ゾーン」に区分され、歴史ゾーンでは開港前から現在に至る約160年の横浜港の歴史を絵図や写真、映像を用いて紹介。

地下1階常設展示

リニューアルでは新たな映像展示も導入し、縦4メートル・横8メートルの大型スクリーンに映し出される映像と黒船の模型が波間を漂う映像が融合して開港の時代に案内します。

映像展示「横浜開港」

大さん橋や新港ふ頭などの建設や関東大震災と復興の歴史など、横浜港の歴史をテーマ別に学べる従来のスタイルはそのままに、各エリアのコンテンツも少しずつブラッシュアップされました。

地下1階の常設展示

フィールドへ行こう!

コンテナ輸送の時代

コンテナ輸送の時代を紹介するエリアには大型の荷役機械「ガントリークレーン」のシミュレーターを新設。

ガントリークレーンシミュレーター

コンテナターミナルでは多くのコンテナがガントリークレーンによって船から積み下されており、シミュレーターではガントリークレーンを操作しながら積み下ろしを体感できます。

また、新設といえば壁いっぱいの「タッチウォール」も登場しました。

タッチウォール

横浜港を描いたタッチウォールにはリングアイコンが多数設けられているので自分自身の手をかざして“港の役割”を動的に学べます。体を動かしながら小さなお子さんも直感的に楽しめるデジタルコンテンツです。

タッチウォール

従来の施設から大変人気の高い「横浜港操船シミュレーター」はリニューアル後も継続され、リニューアルでは映像部分を改修。

横浜港操船シミュレーター

横浜港を忠実に再現したリアルな映像が大いに盛り上げ、子どもを中心に大人も楽しめる本格的な体験型コンテンツです。昼・夜・晴天・雨天などシチュエーションを自由に切り替えながら横浜港の眺めを楽しみがらゴールを目指して楽しめます。

雨のシチュエーション

現代の横浜港というエリアはリニューアルにて特にコンテンツが拡充し、他にも港の役割や港の環境をアニメーションを中心に上映している大画面を設けた「みなとの広場」や、横浜市内の観光地や横浜の姉妹港を背景に自由に写真が撮れる「フォトスポット」なども新たに仲間入り。

みなとの広場

今回の目玉ともいえるVRシアター「みなとカプセル」は、当サイトのTwitterアカウントにて先に動画で紹介した通り、私個人が最も驚き興奮した新コンテンツです。

VRシアター

日本初の大型LEDパネルを5面(前・左・右・天井・床)で覆われた常設体験型VR施設として設けられ、中に入ると本当にその場にいるような臨場感のある映像体験を楽しめます。

VRシアター

映像やサラウンド、音声によって映し出された世界観にグッと引き込まれ、帆船日本丸のこれまでの航跡や総帆展帆の様子をドローンで撮影した映像等、VR施設だからこそ実現した視点からの映像は格別な面白さがありました。

映像は2種類あり、何度来ても楽しめるように期間によって内容を変えて上映。物流やクルーズ客船など普段は立ち入り禁止エリアもLEDパネルのリアルな映像美で覗ける体験も本シアターの魅力です。

さらに、リニューアルでは新コーナー「埋立と築港の技術と歴史」もVRシアターの近くに設置され、吉田新田など江戸時代の新田開発から現在進行中の新本牧ふ頭整備事業までの埋立や築港の技術や歴史を紹介。

埋立と築港の技術と歴史

最新のプロジェクションマッピングを使って視覚的にもわかりやすく学べるよう工夫されている、日本で初めて埋立と築港の技術と歴史をテーマとした常設展示です。

埋立と築港の技術と歴史 プロジェクションマッピング

施設に併設した「柳原良平アートミュージアム」も全面的なリニューアルが施され、「柳原良平が描く 横浜の港の風景」をテーマとした特別展示も2022年10月2日(日)まで開催。

柳原良平アートミュージアム

柳原さんのアンクルトリスをはじめ、水彩画やリトグラフ、切り絵、油彩画など多岐にわたる創作活動の幅の広さや魅力に触れられる、日本で唯一の柳原作品の常設展示施設となっているので「横浜みなと博物館」を訪れる際は一緒にぜひ。

横浜みなと博物館のリニューアルオープンは2022年6月28日(火)です。

横浜みなと博物館 施設概要

■ 所在地
横浜市西区みなとみらい2-1-1

■ 開館時間
10:00〜17:00

■ 休館日
月曜日(祝日の場合は開館・翌日休館)・年末年始・臨時休館あり

■ 料金
博物館のみ:一般500円、65歳以上400円、小中高200円
日本丸:一般400円、65歳以上250円、小中高200円
共通券(博物館と日本丸):一般800円、65歳以上600円、小中高300円

おすすめ関連情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#