神奈川県 河津桜スポット「まつだ桜まつり」は上も下も河津桜!満開菜の花と富士山も

神奈川県 河津桜スポット「まつだ桜まつり」は上も下も河津桜!満開菜の花と富士山も

神奈川県の河津桜スポット第二弾。第一弾、神奈川県三浦市の「三浦海岸桜まつり」に続き、今回は足柄上郡松田町で開催中の「まつだ桜まつり」をご紹介します。

会場が傾斜になっているからこその河津桜や菜の花、頂上からの絶景を楽しめる無料のイベント。

菜の花が会場を春色に染めて、鮮やかなピンクと黄色、富士山と河津桜のコラボなど様々な角度で春を楽しめるスポットに行って来たので本日は会場で撮って来た写真とともに詳しくお伝えします。

まつだ桜まつりについて

神奈川県足柄上郡松田町の「西平畑公園」に咲く早咲きの桜と同時期に咲く菜の花を楽しめる無料イベント「まつだ桜まつり」に行って来ました!

3月4日、河津桜は満開。満開の菜の花から漂うお花の香りに包まれながら河津桜を間近で見たり桜トンネルをくぐりながら散策ができるスポットです。

西平畑公園は傾斜にあり会場は段々に並ぶ桜の木を見ながら坂道を上がり、頂上では遠くに海・眼下には東名高速道路や街並みが広がり桜とは別の景色を楽しめるのもこのイベントの魅力のひとつです。

満開の桜と菜の花を堪能

傾斜に咲く「まつだ桜まつり」だからこそ見上げると広がる満開のピンクの花々。

上には河津桜、横には菜の花。菜の花の香りがお花に近づかなくても常に楽しめ、春らしい空間の中で散策できました。

見上げて見える桜、眼下に広がる桜。山道に咲き誇る桜に魅了されながら頂上を目指し、到着した先に待っていたのは歩いていた時には見えなかった壮大な景色です。

山道を歩いているときは桜に上も覆われていたので気づきませんでしたが、頂上はまさに絶景!

海や街並みと満開の咲いたピンクが鮮やかな河津桜をセットに眺望を楽しめました。

頂上では桜スイーツ販売!

この日の気温は20度前後と暖かく傾斜を上がって火照った身体に嬉しい「桜ソフト(350円)」を購入。

桜の味はほんのり、桜餅のような塩味が良いアクセントでめちゃめちゃ美味しかったです。滑らか濃厚なソフトクリームです。

さらに蒸し立ての「桜饅頭(180円)」も購入。餡までホカホカのふっくら饅頭、餡はこしあんで桜を見ながら桜を味わう時間も桜まつりならでは時間でした。

菜の花と河津桜

河津桜だけでなく同時期は菜の花も満開。鮮やかなピンクと濃い黄色の菜の花とのコラボは一層春らしく見ているだけで気分高まる美しさ。

菜の花を背景に撮影すると写真も映えます。本来菜の花より上に咲いていることが多い桜も傾斜で楽しむ「まつだ桜まつり」だからこそ撮れる一枚です。

見上げると青空を背景に桜を撮ることもでき、様々な角度から撮影を楽しむことができました。

富士山と河津桜のコラボ

こちらはあいにくの逆光…。まつだ桜まつりでは神奈川県にいながらも存在感たっぷりの富士山と河津桜をセットで撮ることができます。

上写真も中央に富士山をおさめたのですが、残念ながらタイミングが合わず綺麗に撮れませんでした。

帰り道では富士山は日が沈みシルエットでクッキリと撮ることができました。

まつだ桜まつりの行き方


道中から見たまつだ桜まつり

まつだ桜まつりの会場は上写真内でピンクに染まっている場所。

最寄りの松田駅や河川敷の臨時駐車場(1日 300円)からは徒歩20分ほどの距離で、日頃の運動不足解消も兼ねて今回は歩いて向かいました。シャトルバスの運行あり。

横浜駅から行く場合は車であれば東名高速道路を利用して「大井松田IC」を下りて会場付近に用意された臨時駐車場へ。

電車であれば横浜駅から小田急線「新松田駅」もしくはJR御殿場線「松田駅」を経由して会場に向かいます。なお、横浜駅発であれば東口から出発する「京浜急行バス」を利用すると乗り換えなく約1時間ほどで会場近くの「東名松田」に行くことができます。(京浜急行バス参照

横浜からは少し離れているので日帰りで行ける河津桜スポットを探していた方におすすめの桜まつり。思っていた以上に濃密な河津桜に大満足できるドライブにぴったりの春らしい場所でした。

2018年のイベントは3月11日まで。詳しくはイベント公式サイト参照。

神奈川県 河津桜スポット

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント