Kアリーナ横浜に名称決定!ホテルやオフィスも集まる“ミュージックテラス”展開

Kアリーナ横浜に名称決定!ホテルやオフィスとあわせて“ミュージックテラス”展開

ケン・コーポレーションは、横浜みなとみらい21地区で大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト」を推進し、2万席を誇る世界最大級の音楽アリーナの名称を「Kアリーナ横浜」に決定しました。2023年秋に開業。

併設するツインタワーのホテル棟には先述したヒルトン初の横浜進出となる「ヒルトン横浜」、オフィス棟の名称は「Kタワー横浜」とし、開発街区全体の名称を「ミュージックテラス」とします。

2万席を誇る客席は、ステージ前方のアリーナに加え、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇型の形状で、オーディエンスに囲まれた迫力ある空間と一体感を生みだします。

Kアリーナ横浜について

Kアリーナ横浜は多種多様な文化が混じりあう国際都市・横浜に、世界最大級の音楽に特化したアリーナ。過去と現在、そして未来を結び、音楽を起点として歴史と文化を世界に発信するアリーナを目指します。

Kアリーナ横浜
Kアリーナ横浜 内観

理想のライブ・コンサートを叶える場所として、様々なファシリティを備え、フレキシブルな客席プランや設営・撤収に配慮した「使いやすさの追求」と、大規模な吊り込みへの対応や良質を追求した音響空間など「多様な演出への対応」を実現。

Kアリーナ横浜 断面
Kアリーナ横浜 断面

2万席を誇る客席は、ステージ前方のアリーナに加え、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇型の形状で、オーディエンスに囲まれた迫力ある空間と一体感を生みだします。

また圧倒的なスケール感のラウンジと高級感溢れる専用ロビーが大切なゲストを迎え入れ、ホスピタリティに溢れた特別な空間で、国内に類をみないラグジュアリーな鑑賞スタイルを提案。

ワイド40mのVIPラウンジ
ワイド40mのVIPラウンジ
VIP ロビー
VIPロビー
室内からライブが鑑賞できるVIPボックス
室内からライブが鑑賞できるVIPボックス

7階に設けるバーラウンジからは横浜の美しい夜景が広がります。

音楽と横浜の夜景を楽しめるバーラウンジ
音楽と横浜の夜景を楽しめるバーラウンジ

ライブを観に来たゲストだけでなく、近隣で働く方や横浜に遊びに来た方も足を運べるような大人の空間を提供します。

街区名称「ミュージックテラス」には、世界中から「Kアリーナ横浜」へ訪れるゲストや、地域の人々が集うことで、音楽と日常が交差し新たな音楽やアーティストが生まれる場にしたいという想いが込めています。

ミュージックテラス
ミュージックテラス

ミュージックテラスの中央には「ヒルトン横浜」が開業。

オフィス棟「Kタワー横浜」の基準階は天井高2,800mm、システム天井やフリーアクセスフロアに加え、構造床荷重500kg/㎡(標準)、電気容量70VA/㎡を確保し、良質なスペックを追及して多様なワークスタイルに対応します。

オフィスエントランスホール
オフィスエントランスホール

エントランスホールにはカフェを配置し、アリーナでのイベントがない日でも日常的に活気溢れる施設とする計画です。

環境への配慮としてはRE100基準の電力を導入し、ライブ・コンサートで使用する電力を再生可能エネルギーで調達することを目指すほか、併せて雨水貯留による中水利用を行うなど積極的に実施。

通常主催者が持ち込む演出機器に代えて常設する演出機器を利用すると、最大で1イベントあたり大型トラック約10台分のCO2削減が見込まれるといわれており、Kアリーナ横浜では一般的なコンサートで持ち込まれる演出機器を一部常設予定です。3棟の建物全てで、横浜市建築物環境配慮制度(CASBEE 横浜)の「Aランク」を取得予定で、地域冷暖房を導入して熱源設備の集中化による省エネルギー化を実現します。

横浜グランゲートから見た60・61街区
横浜グランゲートから見た建設中のKアリーナ横浜
(2021年6月撮影)

ミュージックテラス 概要

■ 所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目2番2他

■ アクセス
横浜駅東口より徒歩9分
※現在計画中の歩行者デッキが完成した場合・完成前は徒歩11分
みなとみらい線「新高島駅」4臨港パーク口より徒歩5分

■ 敷地面積
31,793.97㎡

■ 延床面積
約118,680㎡

Kアリーナ横浜 アクセス・場所の地図

※掲載画像はイメージ
※掲載内容は記事公開時のもの・予告なく変更となる場合あり

おすすめ周辺情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント