イノダコーヒのレモンパイが新感覚で驚いた!横浜高島屋の落ち着く喫茶店

イノダコーヒーのレモンパイが新感覚で美味!横浜高島屋の落ち着く喫茶店

京都の老舗喫茶店「イノダコーヒ」の横浜高島屋支店(横浜駅)で少し変わったケーキを食べてみました。

横浜高島屋でカフェに行きたいと思ったらまず最初に立ち寄るのがこちらのお店。平日でも混んでいることがあるのでそういうときは見送りますが、入れると穏やかな時間が流れる温かい雰囲気が心地良いお店です。

最近になってイノダコーヒは「レモンパイ」が有名であることを知り食べてみたら新感覚なスイーツだったのでご紹介。

イノダコーヒについて

横浜高島屋の6階に位置するイノダコーヒ

イノダコーヒ 外観

1940年創業の京都生まれの喫茶店。京都を中心に東京・神奈川・広島に店舗展開し、公式サイトの店舗一覧を確認してみると神奈川県の店舗は普段から何気なく利用していたココ・横浜高島屋支店のみなのです。

店内はボックス席やソファー席を店内周囲に配置し、店内中央にはテーブル席を完備します。

イノダコーヒ 店内

人気のレモンパイ初体験

イノダコーヒを訪れたら毎回決まって注文している「カフェオーレコーヒー」は、苦味強めの一杯。

カフェオーレコーヒー

ミルクは癖なくサラッとし、ミルクでコーヒーが薄まらず、コーヒーの風味もしっかりと味わえます。

そして、この日はメニューを眺めていてふと目に留まった「レモンパイ」をドリンク付きのケーキセット(1,230円・税込)で注文。

レモンパイ

パイと一言でいっても見た目からは全く想像つかない謎すぎるビジュアルに困惑と興味の両方が掻き立てられます。

白い部分はメレンゲで、これだけの厚みを維持しながらも口に運ぶとシュワッと溶けていくケーキとしてあまり体験することのない珍しい口当たり。味自体はメレンゲそのものの味のように感じましたが、卵白の臭さは気にならず凄いのひとことです。

レモンパイ

スポンジの下のカスタード部分からはレモンの風味とぷるんとした食感を楽しめ、下の層にはパイ生地が敷かれています。レモンの酸味は意外と控えめで、パイ生地が甘めに仕上がっているので3層一緒に食べると全体のバランスが良く美味しくいただけました。

イノダコーヒはコーヒーにもこだわり、創業当時から変わらないネルドリップ式で淹れて提供。コーヒーも豊富に取り揃えているのでコーヒー好きな方もぜひ。

イノダコーヒ 横浜高島屋支店 店舗概要

■ 所在地
横浜市西区南幸1-6-31 横浜高島屋6階

■ 営業時間
10:00〜20:00(当面の間は10:00~19:00)

横浜高島屋 おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント